海の無法者
ホーム > 作品情報 > 映画「海の無法者」
メニュー

海の無法者

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「恋ごころ」と同じくロバート・アーサーが製作、フレデリック・ド・コルドヴァが監督したテクニカラー海洋活劇1950年映画。ウィーン出の監督者ヨーエ・マイとサミュエル・R・ゴールディングの共同ストーリーを、「硝煙のカンサス」のハロルド・シューメイトとジョセフ・ホフマンが協力脚色した。撮影のラッセル・メッティ、作曲のウォルター・シャーフは「シエラ」と同じ。出演者は「迷路」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「追いはぎ」のフィリップ・フレンド、「気まぐれ天使」のエルザ・ランチェスター、「秘密警察」のアンドリア・キング、ロバート・ダグラスらである。

ストーリー

19世紀のこと、デビー・マッコイ(イヴォンヌ・デ・カーロ)は商船で密航中、海賊に襲われて捕まり、海賊の親分バティスト(フィリップ・フレンド)に会った。デビーは島流しにされることを知って海賊船がニュー・オーリアンズについたとき逃げ出した。その地でブリッツァ夫人(エルザ・ランチェスター)に見つけられた彼女は、夫人の学校に入れられた。波止場のパーティで、デビーはバティストに再び会った。彼は船乗りのために惜しげなく金を投げ出す船主になりすましていた。バティストは、不正な船主アレキサンダー(ロバート・ダグラス)を襲うべく狙っていた。実は彼はバティストの正体に気づいているのだが証拠を見つけ出せないでいた。パーティの席上、デビーはバティストの許婚アリーン(アンドリア・キング)にも会い、2人は猛烈な云い合い、つかみ合いになった。アリーンはバティストを裏切りアレキサンダーと結婚し、その上バティストの本体をあばいた。捕らえられた彼は、すべてデビーの仕業だと思ったが、彼女が船乗りたちを集めて彼の救出の先頭に立ち、釈放に力をつくしたので、真実を知った。やがてバティストとデビーは新しい生活へと船出するのだった。...

作品データ

原題 Buccaneer's
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル日本支社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi