海と青年
ホーム > 作品情報 > 映画「海と青年」
メニュー

海と青年

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「新天地」「木に登る女」のジョエル・マクリーと「ステージ・ドア」「忘れがたみ」のアンドルー・リーズが主演する映画で、「新人豪華版」の脚色者フィリップ・G・エプスタインが書卸し、「情怨」のマイルス・コノリーと「SOS氷山」「ゴールド・ディガース36年」のトム・リードが脚色し、「マルコ・ポーロの冒険」「恋愛合戦」のアーチー・L・メイヨが監督に当り、「ステラ・ダラス(1937)」「マルコ・ポーロの冒険」のルドルフ・マテが撮影したもの。助演は「彼氏と女秘書」「処女読本(1938)」のドロシア・ケント、「オーケストラの少女」のフランク・ジェンクス英国から来たイザベル・ジーンズ、「ハリウッドホテル」のグラント・ミッチェル、ヴァージニア・グレイ等である。

ストーリー

じょう・メドウスはカンサスの平原で育ったが、年来の志望というのは船乗りになることで、そのためニューヨークへ来て船員の口を探すが見つからない。それで止むなくデューク百貨店の配達係になって働いていたが、その店の売子ヘレンは一目見て彼を好きになった。彼女は友人のジーンと2人で教会へ行き、立派な青年に会えるように祈願した翌日ジョウに逢ったので、彼を好きになってしまったのである。しかしジョウは女が居ては船員になる志望の妨げになるので、少しも彼女の心を汲んでやらなかった。ヘレンは何とかして彼の心を捉えようと色々作を用いたが、ジョウの決心は堅かった。その内に彼は船員紹介所のウォルター船長の世話で中国行きの船に乗り込むことになった。店員慰安会のピクニックが催されたときヘレンはメリヴェル夫人の結婚衣装を届けるように命ぜられたが、行く暇がなかったので衣装を持ったまま海岸へ行った。そしてせめてその衣装を身につけてジョウと別れようとした。彼女の美しさといじらしさにジョウも心を惹かれたが、汽笛の音を聞くと急に目が覚めた気持ちになり、しかも彼女がまた策を弄して自分を引止めようとしたものだと考え、彼女を罵って立ち去った。折柄雨が降りだしたので、ヘレンの着けた衣装は泥にまみれてしまった。夫人の結婚式は明日である。衣装の修繕ができるまで日取りを延ばさせないと、彼女は店にも居られなくなる。ヘレンは満策を尽くしたが無駄であった。それを知ったジョウは、中国行きの船へ乗り込む途中、花婿となる男に逢って殴り付けたので、そのため式は延期されることになった。ヘレンはジョウのやったことだと思って波止場へ駆けつける。ところが彼はそんなことで手間取って船に乗遅れた。そして彼がランチで追掛けようとしたとき、ヘレンがそれに飛び乗ったので、さすがのジョウもついに決心を変えねばならなかった。...

作品データ

原題 Youth Takes a Fling
製作年 1938年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi