海駈ける猛虎
ホーム > 作品情報 > 映画「海駈ける猛虎」
メニュー

海駈ける猛虎

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「鉄腕の男」「鉄挙」等と同じくミルトン・シルス氏主演人情活劇で、メアリー・ヒイトン・ヴォース女史作の物語りに基づいてケイリイ・ウィルソン氏が映画脚色し、「血に燃ゆる大海」「青春の浴して」等と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督したものである。シルス氏の相手役は「栄冠は吾れに」「最後の栄冠」等出演のメアリー・アスター嬢が勤め、新進のラリイ・ケント氏及びアリス・ホワイト嬢を始め、アーサー・ストーン氏、エミリー・フィッツローイ嬢等が助演している。

ストーリー

スペインの植民地たるカンリー群島に漁獲を業とするラモス兄弟は仲良く暮らしていた。兄のルイスは人々から「海の猛虎」と言われる程の精倬な気象の持ち主で漁夫仲間を牛耳っていた。それに引かれて弟のカルロスは愛する女のためには肉親の兄を危険に陥れて顧みぬ程の狂おしい情熱の虜だった。弟に対しては親代わりの地位にあることを自覚して深くカルロスをいつくしんでいるルイスも、新たに島の住民となった美しい乙女コンスエロを愛するようになるとカルロスが彼女は兄さんを愛してなんかいないと中傷的な言辞を弄した時には、思わずも激して弟を打倒した。しかし直ぐに自分の短慮を恥じ且つは自分の義務を考えてコンスエロをカルロスに譲ろうと決心した。そのルイスの深い心を知らぬコンスエロは誤解して、内心ルイスを愛しつつも彼を軽蔑した。そのころ都から来たお転婆娘のルルは、男らしいルイスに思いを懸けた。そして終に嵐の夜甘言を以てカルロスを激浪逆巻く海に乗り出させた。このことを知ったルイスは弟の危急を救うべく猛然と起こった。一方コンスエロはルイスを愛する心を抑え切れず、平和の漁村の乱入者たるルルを村から追い立てた。狂乱怒涛を乗り切ってルイスはカルロスを救った。その時カルロスは死に直面した恐れから始めて我が非を悟った。誤解も去り相愛するルイスとコンスエロが神の前に永劫の契りを結ぶ時には、嵐も去った朝なぎの海上には陽光が一面に輝いた。...

作品データ

原題 The Sea Tiger
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi