生れながらの無宿者
ホーム > 作品情報 > 映画「生れながらの無宿者」
メニュー

生れながらの無宿者

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

金持ちの鉱山主から消息不明の弟探しをたのまれ、メキシコを舞台に数奇な運命にまきこまれる西部の名拳銃手の物語。デイヴィッド・P・ハーマンの書下ろし脚本を「ジョニイ・ダーク」のジョージ・シャーマンが監督した。撮影監督は「小さな無法者」のアレックス・フィリップス。音楽はジョセフ・ガーシェンソン。主演するのは「全艦発進せよ」のジョック・マホニーと「アパッチの狼火」のギルバート・ローランド。メキシコ映画界からリンダ・クリスタルが参加するほか、エドワード・フランツ、カール・ベントン・リード等が助演する。その他の助演陣や技術者にもメキシコ側人材の参加がみられる。製作ハワード・クリスティ。

ストーリー

早射ちの名手ブラッド・エリソン(ジョック・マホニー)は、東部の大金持ちジョン・フォーブスに、余命短い彼の莫大な炭鉱の権利を譲るため、30年前メキシコで消息を絶った弟エドワードを探すことを、2万ドルの礼金を条件にたのまれ、出発した。兄と同じ両面に鷲を彫った銀貨をもつことのみが手がかりである。ディアブロの町で宿屋を開いているサム・グリプトン(エドワード・C・プラット)を訪れた後、アイルランド人牧場主キング・オレイリー(ローン・グリーン)が消息を知っていると聞いたブラッドはそこに向かった。山中の湖で水浴する美女の衣服の中からネッカチーフを自分の首にまいた彼は牧場につき、オレイリーと牧童頭マイルズ(ギルバート・ローランド)に会った。2人は、エドワードは10年前に死んだという。先刻の湖の女はオレイリーの娘マリア(リンダ・クリスタル)だった。翌日マイルズが猛りたつ馬に踏み殺されようとした時ブラッドの手練の革分銅がこれを救った。彼を命の恩人として、命令に従うという牧童頭マイルズをつれて、ブラッドは奥地に向かった。メキシコ人の襲撃をうけて、傷をうけたマイルズは、この山間地でメキシコ人に慕われているホセ(エドワード・フランツ)という老人の手当てをうけた。休養する彼を残して、ブラッドと老人は捜索を続けたが、帰ってみるとマイルズの姿が消えていた。心配するブラッドは老人をオレイリー牧場にやって自分はグリプトンの宿屋に向かった。ところが意外にもマイルズの銃口がそこで彼を待っていた。彼は炭鉱の権利を狙う一味に金を貰ってエドワードさがしを妨害する男であり、ホセの老人の小屋で鷲の銀貨をみつけて彼がエドワードなのを知りこの挙にでたのだった。グリプトンにより縛られた彼は、監視のメキシコ人にホセ老人の危機を説いてグリプトンを倒し、マイルズを追った。オレイリーの牧場に行ったマイルズはブラッドが死んだと偽りホセ老人とマリアをつれ出した。直ぐ後を追ったブラッドはマイルズと撃ちあい、最後に革分銅を使って彼を倒した。捜索は終わったが、ブラッドはホセ老人の去就を彼の自由にまかせた。老人は山にかえり、ブラッドも拳銃をすてて牧場に残った。...

作品データ

原題 The Last of the Fast Guns
製作年 1958年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi