鵜の目鷹の目
ホーム > 作品情報 > 映画「鵜の目鷹の目」
メニュー

鵜の目鷹の目

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

エドガー・フランクリン氏の原作に基いてメルヴィル・ブラウン氏が脚色し「長屋騒動成金物語」「加州目指して」等と同じくハリー・ポラード氏が監督したものである。主役は「スキナーの夜会服」「深夜の太陽」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「女性礼讃」「男子改造」等出演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏で、ジョージ・シーグマン氏を始めトム・リケッツ氏、トム・オブライエン氏等が助演している。

ストーリー

ジミー・ウィットモアは勤務先の主人の頼みで一週間だけ共同経営者という名義で、大切なお華客のジョージ・ディクソンを接待して、大口の商談を取纏めることを引受けた。でジミーはまずディクソンを停車場に出迎えに行った。ところがその朝の些細な口論に憤慨した女房ベティーが家出したことが分かったのでジミーは大心配で彼女が高飛びでもしやせぬかと思って停車場に来ると大切なお客様はそっちのけで、女とさえ見ればベティーではないかと探し回った。その様を見たディクソンはジミーをけしからぬ不良漢と勘違いをしてしまう。一方家を出たベティーはその足で夫の勤務先の主人のタイピストになった。そうして図らずもディクソンに手紙の整理を依頼された。彼女は執務中夫のジミーが主人の共同経営者という御大層な身分であることを発見して驚き且つ喜んだ。でそんなことを女房の自分に一言もいわぬ夫の心を測りかねたベティーはもしや自分が袖にされるのではないかと気をまわした。かくて双方の行違いから事件は生んで大騒動になったが結局万事円満に解決するのである。...

作品データ

原題 Poker Faces
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi