有頂天時代(1930)
ホーム > 作品情報 > 映画「有頂天時代(1930)」
メニュー

有頂天時代(1930)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ニューヨークのブロードウェイに上演して当たりを取ったミュージカル・コメディーを映画化したもので「青春倶楽部(1930)」「喧嘩商会」のプロデューサーたるローレンス・シュウォブ、フランク・マンデル両氏と「サニー・サイド・アップ」「青春倶楽部(1930)」の作曲者たるB・G・デシルヴァ、リュー・ブラウン、レイ・ヘンダーソン三氏とが合作したストーリーから「悪漢の唄」「好いて好かれて」のフランセス・マリオンが脚色し「スポーツ王国」のジョー・ファーナムが台詞を書いた。監督は映画方面を新進のニック・グラインド、舞台方面を舞台上演当時と同じくエドガー・J・マクグレガーが担任。主なる出演者は舞台から来たメアリー・ローラー、ガス・シャイ、「喧嘩商会」「キング・オブ・ジャズ」のスタンリー・スミス、「ホリウッド・レビュー」のベシー・ラヴ、「スポーツ王国」のクリフ・エドワーズ、「ハバナから来た女」のローラ・レーン、トーマス・ジャクソン、デルマー・デイヴスなどで、カメラは「悪漢の唄」のパーシー・ヒルバーンがクランクしている。

ストーリー

テート大学の噂の種は、もっぱらラグビーのキャプテンであるトム・マーローと、大学一の美人と称されるパトリシア・ビンガムとのロマンスの上に置かれている。トムは今までたびたびパトリシアに結婚を、申し込み、付け文までして彼女の承諾を得ようとあせっていたが、顔に自信のあるパトリシアの方では柳に風でなかなか真面目にとりあわない。さてテート大学の名誉をかける蹴球戦が2日の後に迫った時、トムは天文学が落第点なので、今一度試験をうけ直さなければならぬということになる。トムはパトリシアに教えを受けたいとたのんだが、パトリシアは忙しいからとて、自分の代わりに従妹のコンスタンスを紹介する。いままで1度も男との浮いた噂を立てられなかった内気なコンスタンスのつつましやかな美しさがすっかりトムの心をとりこにしてしまう。安心して紹介した従妹のコンスタンスとトムが恋に陥ったことを知ったパトリシアは急にあわてだして、トムの心を取り戻すべく、今度の蹴球戦にテート軍が勝てば早速トムと結婚すると全校に発表する。弱ったのはトムである。試合には勝ちたい、しかしパトリシアと結婚するのは嫌だ。このジレンマに陥ったトムは自然、試合を投げてかかった。キャプテンがそんな調子なので試合はテート側に不利で進行する。だが公判に至って補欠に出たボビー選手の怪我の巧名からがせん形勢一変テートの勝利となってしまった。約束通りにトムとパトリシアとの結婚式が挙行されることになる。今さら約束を破るわけにゆかぬトムは深くヴェールを被った花嫁の手を引いていやいや祭壇の前に誓ってからヴェールを脱いだ花嫁の顔を見てトムは驚いた。それはパトリシアではなくて、自分の愛するコンスタンスだったのである。自分を犠牲にすることのできる人間のみの知る朗らかな微笑みでパトリシアは新郎新婦の幸福を祝した。...

作品データ

原題 Good News
製作年 1930年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「有頂天時代(1930)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi