浮名を立てたリスル嬢
ホーム > 作品情報 > 映画「浮名を立てたリスル嬢」
メニュー

浮名を立てたリスル嬢

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ベイリー・レイノルズ夫人の原作をジェームズ・ヤング氏が監督したもので、性格俳優として認められているキャサリン・マクドナルド嬢が、「一転機」と同じくニーゲル・バリー氏を対手として完成した社界劇である。「始めが冗長なので幾分興味を殺ぐが、後半に至って筋も緊張してなかなか面白くなる」とニュース誌は評している。

ストーリー

あらぬ浮名を立てられたギーナーは、その苦しみを忘れんためブリタニー海岸へ行って、富める旅行家ピーター・ガースティンと知り合いになり、2人は相愛した結果結婚する。ギーナーは結婚する前に立てられた浮名の真相を夫に語らなかったので、後になってこれを知ったピーターは痛く憤った。深くも夫を愛する彼女は、手紙の届く宛名を残して、イングランドへ帰ってしまう。その後ピーターは真相を知り、傷ついて病院に横たわる妻の許へ来てすべてを許し、理解し合った2人は改めて新生涯に入る。...

作品データ

原題 The Notorious Miss Lisle
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi