インディアン渓谷
ホーム > 作品情報 > 映画「インディアン渓谷」
メニュー

インディアン渓谷

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「タルサ」のウォルター・ウェンジャーが製作した1946年度テクニカラー活劇で、サタディ・イヴニング・ポスト誌所載のアーネスト・ヘイコックスの同名の小説から短篇作家出身のベテラン、アーネスト・パスカルが脚色、「ベルリン特急」のジャック・ターナーが監督している。撮影はエドワード・クロンジェガー、音楽は「荒鷲戦隊」のフランク・スキナーが監督する。「潜航決戦隊」のダナ・アンドリュース、「タルサ」のスーザン・ヘイワード、イギリスから呼ばれたパトリシア・ロック(「情炎の島」)、「落日の決闘」のブライアン・ドンレヴィを中心に、「情熱の狂想曲」のホギー・カーマイケル、アンディ・デヴァインやワード・ボンドら西部劇の常連が助演する。

ストーリー

1856年、オレゴン州ジャクスンヴィルの町でよろず屋を始めたローガン・ステュワアト(ダナ・アンドリュース)は、ルシイ・オーヴァマイア(スーザン・ヘイワード)を愛していたが、彼女が親友のカムローズ(ブライアン・ドンレヴィ)と婚約したのを知ると、移住者ベン・ダンス(アンディ・デヴァイン)の友人キャロライン(パトリシア・ロック)に求婚した。たまたまカムローズは殺人事件にまきこまれ、人々は彼を私刑にしようとしたが、それを押し止めたのはローガンであった。町でローガンに敵対するハニイ・ブラッグ(ワード・ボンド)はインディアンをそそのかし、町を襲おうとした。ローガンらは直ちに防衛団を組織し、敵を迎えうったが、血に狂ったインディアンはカムローズを殺し、幾多の移住者を惨殺し、ローガンの店を焼き払った。身をもって難を逃れたキャロラインは、この事件ではじめてローガンの本心がルシイにあることを知り、身を退いた。はじめて結ばれたローガンとルシイは、自由を求めて更に西、サンフランシスコへと旅立っていった。...

作品データ

原題 Canyon Passage
製作年 1946年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第19回 アカデミー賞(1947年)

ノミネート
主題歌賞 “Ole Buttermilk Sky”
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi