命を売る男(1931)
ホーム > 作品情報 > 映画「命を売る男(1931)」
メニュー

命を売る男(1931)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ドノヴァン・キッド」と同じくフレッド・ニブロが監督にあたったもので、オクタヴァス・ロイ・コーエンの原作に基づいて「彼女の用心棒」のウォルター・デレオンがF・マッグルー・ウィリスと共同脚色した。「幸運の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが主役を勤め、「天晴れ競馬で一つかみ」のジェームズ・グリースン、「地獄特急」のワーナー・オーランド、「船出の朝」のドロシイ・サバスチアン「満蒙龍騎隊」のザス・ピッツ、「シマロン(1931)」のウィリアム・コリアー・ジュニア、「地方検事」のラルフ・インス、「爆走する悪魔」のジェネヴァ・ミッチェル等で、撮影は「あめりか祭」「女性暴君」のハル・モーアが担当している。

ストーリー

アラン・ベックウィズは賭博で金をすった上に不義理な借金までできて動きが取れなくなったので自殺を企て様とした。しかし一策を案じ出して、暗黒界の大立物であるノースに金を出させて自分の身柄に莫大な保険をかけ、自殺をした後にその保険金借金を支払い残った金はノースの懐に収めさせるという約束をしたのであった。しかし保険法の自殺に対する規約のために、アランは少なくとも365日生きていなければならぬこと、そして保険金受取人はアランの妻にした方が安全であるということからビヴァーリイという美しい娘が選ばれて、アランは彼女と1年間の仮の結婚生活をすることになった。ビヴァーリイもノースの配下に使われている兄のジョニイが仕事の上でヘマをやったので、その償いのため仮の妻となることを承諾したのであったが、同棲生活を続けている間に最初は警戒し合っていた2人がお互いに真実な愛情を感じ始めたのであった。そしてやがて約束の1年目が巡って来た時、アランは全力を挙げて作っった金を携えて、ノースとのインチキな約束を取り消そうとしたが、邪悪なノースは金額が不足であると言って、承知しないのであった。ジョニイは妹夫婦の苦境を知って単身でノースを殺そうと企てたが、このことを知ったアランはその跡を追ってノースのところへ乗り込んで行った。そしてノースとアランが激しい格闘をしている最中にノースが不慮の横死をとげたのでアランとビヴァーリイの間に希望に満ちた前途が開かれたのであった。...

作品データ

原題 The Big Gamble
製作年 1931年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi