イヴの砂
ホーム > 作品情報 > 映画「イヴの砂」
メニュー

イヴの砂

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ゲオルク・ラファイエットのシナリオを「秘境の情熱」のジグムント・スリストラフスキーが製作・演出したセミ・ドキュメント。撮影はヘルベルト・C・ザイゼン、音楽は「秘境の情熱」のエンリコ・シモネッティが担当した。出演はキティー・ウォルフ、ジューン・アベルなど、無名の新人。

ストーリー

億万長者のピンカートン氏は、南米に広大な土地を持っていた。ロリンス教授はヌーディズムの運動をしている男女学生のために解放してくれるよう頼んだ。氏は3カ月間、文明の恩恵なしで耐えぬければ、という条件で快諾してくれた。12人の生徒たちは楽しい自活生活に入った。だが椰子の幹に刻まれた日数の目盛りが増えるに従って、文明への郷愁が湧いてきた。そんなある日、島の中で野性の山羊を捕らえ、ピンキイという名をつけて飼うことにした。ある朝、ピンキイが綱を切っていなくなってしまった。1番若いイベットがピンキイの後を追いかけ、海岸の岩場で足を滑らし怪我をした。島には医療品さえない。こういう最悪の場合のために彼らは無線機を携帯して来ていた。文明の力を借りることになれば、ピンカートン氏の条件を守ることができないのだ。彼らがイベットのために文明の利器を利用しようと意を決したとき、島かげからモーター・ボートが姿を現した。気づいて椰子の幹を見ると刻みが90になっていた。彼らは賭に勝ったのだ。...

作品データ

原題 How I lived as Eve
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 大映洋画部

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi