アンドロクレスと獅子
ホーム > 作品情報 > 映画「アンドロクレスと獅子」
メニュー

アンドロクレスと獅子

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョージ・バーナード・ショウの戯曲の映画化で、製作はショー作品の全映画化権を持っていた故ガブリエル・パスカル(「シーザーとクレオパトラ」)。「黒騎士」のケン・イングランドと「非常線(1953)」のチェスター・アースキンが脚色し、アースキンが監督した。撮影は「大砂塵」のハリー・ストラドリング、音楽はフレデリック・ホランダーが担当。出演は「聖衣」のジーン・シモンズ、「我輩は新人生」のアラン・ヤング、「聖衣」のヴィクター・マチュア、「紅の翼(1954)」のロバート・ニュートン、モーリス・エヴァンス、エルザ・ランチェスター、レジナルド・ガーディナーなど。

ストーリー

紀元前161年の大ローマ帝国では、キリスト教徒への迫害虐殺がさかんに行われていた。仕立屋アンドロクレス(アラン・ヤング)は教徒狩りにあって山中へ逃げ、足にとげを刺して苦しむライオンに出会う。とげをとってやるとライオンは親しげにすり寄ってきたが、そこをローマ兵士に発見され、魔法使いとして捕らえられた。捕らえられた教徒たちは隊長(ヴィクター・マチュア)の指揮の下に、ローマへ死の行進を続けた。アンドロクレスは貴族出のラヴィニア(ジーン・シモンズ)と、列の先頭に立って進む。途中、怪力のキリスト教徒フェロヴィアス(ロバート・ニュートン)が、一行に加えられた。ローマに着いて、処刑の前夜、ラヴィニアに思いをかける隊長は彼女に改宗を勧めたが、ラヴィニアの堅い信心は揺るがなかった。処刑当日、斗技場に集まったローマ人を前にキリスト教徒たちが引き出されたが、武力を嫌う彼らは誰1人、剣をとろうとはしなかった。しかし、豪勇フェロヴィアスはただひとり戦闘意識に駆られ、たちまち7人をなぎ倒す。フェロヴィアスは殺生の悔恨に沈むが、これを見たシーザー(モーリス・エヴァンス)は新記録だと喜び、教徒全員を無罪放免する。だが、1人だけライオンの餌食に供されることになり、アンドロクレスが選ばれた。ところが、ライオンは彼にじゃれついてきた。アンドロクレスがかつて助けた、例のとげを刺したライオンだったのだ。シーザーはますます感激してアンドロクレスの控室を訪れたが、ライオンに吠えつかれて進退窮し、危うくアンドロクレスに助けられた。アンドロクレスはライオンを与えられて釈放され、フェロヴィアスはシーザーの親衛隊に加えられた。...

作品データ

原題 Androcles and the Lion
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 RKOラジオ日本支社

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

アンドロクレスと獅子[DVD] シンディにおまかせ[DVD] 聖衣[DVD] スピーキング・イン・タングス[DVD]
アンドロクレスと獅子[DVD] シンディにおまかせ[DVD] 聖衣[DVD] スピーキング・イン・タングス[DVD]
発売日:2010年6月25日 最安価格: ¥3,780 発売日:2011年8月5日 最安価格: ¥3,547 発売日:2005年4月8日 最安価格: ¥1,480 発売日:2004年12月8日 最安価格: ¥5,076
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi