安全第一
ホーム > 作品情報 > 映画「安全第一」
メニュー

安全第一

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「無理矢理一万マイル」と同じくモンティ・バンクス主演喜劇で、バンクスの原案をチャールズ・ホーランとハリー・スウィートが脚色し、「結ぶ縁恋の釣天井」「毒蛇」と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。バンクスの相手女優は「男見るべからず」「ブロークン・ロー」のヴァージニア・リー・コーピンがつとめ、チャールズ・ジュラード、チャールズ・ヒル・メイルズ、バッド・ジェーミソンが助演している。

ストーリー

莫大なる財産の継承者ヴァージニア・クレイグ(ヴァージニア・リー・コーピン)は、腹黒い後見人(チャールズ・ヒル・メイルズ)の禄でなしの息子と結婚させられそうになって家出する。クレイグ工場の一雇い人たるモンティ(モンティ・バンクス)は、ヴァージニアが嵐を避けてある門辺に佇んでいる時、ひったくりにバッグを奪われそうになっているところに出くわし、彼女を救う。彼女の濡れた衣服を乾かすために、モンティはヴァージニアを家に招く。濡れた衣服はなかなか乾かないので、ヴァージニアに自分のベッドを提供し、モンティは他に寝場所を求めねばならなくなった。そこへヴァージニアを捜索していた後見人が彼女を見つけ出し、屋敷に連れ戻す。彼女が一労働者にすぎないモンティに少なからぬ興味を抱いていることに気づいた後見人は、モンティをクビにして危険人物だと言いふらす。そしてヴァージニアに彼への幻滅を抱かせるために策を弄して、悪漢一味に彼女を襲撃させる。そこへ後見人の息子が飛び出して悪漢を成敗し、悪漢はあらかじめ言い含められていた通りにモンティに雇われた、と嘘の白状をする。けれどもヴァージニアは、モンティに罪のないことを信じるのだった。モンティは彼女と共に逃走し、後見人の一行はそれを追跡する。そして貨物列車上で色々な離れ業を演じた揚げ句、モンティは最後の勝利者となった。そして今はクレイグ工場主であるヴァージニアの良人となり、そこの支配人となったのである。...

作品データ

原題 Play Safe
製作年 1927年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi