暗黒街抗争実録 マフィア
ホーム > 作品情報 > 映画「暗黒街抗争実録 マフィア」
メニュー

暗黒街抗争実録 マフィア

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

マフィア王国内の血みどろの内部抗争を描く。製作総指揮はチャールズ・フライズ、製作はハロルド・D・コーン、監督は「悪魔のワルツ」のポール・ウェンドコス、脚本はルイス・ジョン・カルリーノ、原作はゲイ・タリーズの同名小説、撮影はアーサー・J・オーニッツとハワード・シュワルツ、音楽はジョージ・ダニングが各々担当。出演はジョセフ・ボローニャ、ブレンダ・ヴァッカロ、ラフ・ヴァローネ、リチャード・カステラーノなど。

ストーリー

1964年、ニューヨークを舞台にコミッションの名で知られたマフィアのボスたちの諮問機関に血みどろの内ゲバが勃発した。原因はボスの一人ジョセフ・ボナンノ(ラフ・ヴァローネ)がコミッションと手をつなぐことを拒み続けたからだった。地下に潜伏した父ボナンノを心配する息子ビル(ジョセフ・ボローニャ)はアリゾナからニューヨークに向かった。ビルは堅気だったが、ボナンノ一家の危機を見逃すことはできなかった。ある夜、ボナンノがレストランで食事中、何者かに誘拐された事件がきっかけで、ボナンノの一の子分だったガスパーが裏切り、戦いが始まった。ビルは叔父フランク(リチャード・カステラーノ)の勧めで反撃態勢をととのえた。ボナンノが生きて戻ってきたのはそんなときだった。だが、情勢はボナンノ一家に有利になったように見えたが、フランクが病死し、寝返るものが続出したため遂にボナンノ一家は一斉反撃を開始、両者の間に凄惨な血戦が繰り返された。そのマフィア戦争は3年目を迎え、69年にはガスパー側が4つの州から新手を加えたため、ボナンノ側は劣勢となった。そんな矢先、ビルは税金滞納の罪でアリゾナから召喚状を受取った。そして69年11月、ビルは起訴された。ボナンノ一家がかこ4年間のマフィア戦争で払った犠牲は経済的にも人的にも極めて大きかった。ボナンノは捲土重来の時を稼ぐため、すでにアリゾナの農場に引きこみ、ビルは潔く刑に服するために警察に出頭するのだった。...

作品データ

原題 Honor thy Father
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi