闇黒
ホーム > 作品情報 > 映画「闇黒」
メニュー

闇黒

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ボストン・ブラッキー譚の原作者として有名なジャック・ボイル原作の小説『マッギン婆さんの娘』“The Daughter of Mother McGinn”に基づき、フランシス・マリオン女史が脚色し、助監督から監督に昇進したジョージ・ヒルの第一回作品である。主役は「恋と食慾」「汝犯す勿れ」のコリーン・ムーア、「武士道華かなりし頃」のフォレスト・スタンレーで、共演はホバート・ボスウォース、マーガレット・セドン。ボストン・ブラッキーを主人公にした物語の一つである。

ストーリー

マッギン家の後家(マーガレット・セドン)は、夫が牢死した後、娘のメリーだけは真人間の生活をさせたいと思い、女学校の寄宿舎に入れる。だが、メリー(コリーン・ムーア)は脱獄したボストン・ブラッキー(フォレスト・スタンレー)の逃走を助けたために退校され、家に帰ってくる。母は正道に帰ろうとしている人々の世話をしており、ブラッキーもまた友達の紹介でこの家へ足を運び、そこでメリーと再会する。一方ブラッキーの悪友たちは、彼を再び悪の道に引き込もうとたくらんでいた。メリーは、悪人を一掃してブラッキーを安全の身にしようと一計を案じ、自ら悪人の仲間に入ったように装う。彼女は友達のグレイスン(カーメリタ・ジェラティ)に計画を打ち明けて悪人達を煽動し、グレイスン家へ忍び込ませる。ブラッキーもメリーの身を案じて同行するが、悪人同志の仲間割れから一人は殺され、トラヴェル(ジョージ・クーパー)という男が重傷を負い、ブラッキーはシャーウッド監守に追いつめられたが拳銃を突きつけて、その場を制する。しかし監守を殺そうとはせず、甘んじて捕えられようとしたが、監守はブラッキーの改心を知って彼を許してやる。かくしてブラッキーとメリーは手を携えて、新たな人生を始めるのだった。...

作品データ

原題 Through the Dark
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi