暗影に怯えて
ホーム > 作品情報 > 映画「暗影に怯えて」
メニュー

暗影に怯えて

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ハンプトン・デル・ルースの原作を、マッジ・タイロン女史が脚色し、「琴線の響」等と同じくエドウィン・カリューが監督したもの。主役は「洋上の薔薇」「激浪の一船」のアニタ・スチュアート、相手役は「ドロシー・ヴァーノン」「王様万歳」のアラン・フォレストと、「灯消えぬ」「スザンナ」等のウォルター・マッグレイル。

ストーリー

シルヴィア・ラングドン(アニタ・スチュアート)はアーサー・カムストック(ウォルター・マッグレイル)という男の無体の要求を逃れようとして燭台を投げつけたが、彼が倒れたのを見て殺してしまったと信じ、常に彼の幻影に悩まされていた。その後、ベントリー・アーノルド(アラン・フォレスト)と結婚するが、宴会の席に殺したと思ったアーサーがやって来た。シルヴィアは驚き自室に逃れると、アーサーは追ってきて、彼女に金庫を開いて宝石を渡せと迫った。その時シルヴィアは、アーサーがかつて殺した彼の叔父の死骸を窓から見て、それをアーサーのものだと勘ちがいしていたことに気づく。こうして彼女の恐怖は拭われたのであった。...

作品データ

原題 The Invisible Fear
製作年 1921年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi