ある女の一生
ホーム > 作品情報 > 映画「ある女の一生」
メニュー

ある女の一生

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「泉」「晩春」のアン・ハーディングが「昨日」「空飛ぶ音楽」のジョン・ボールズを相手に主演する映画で、ルイス・ブロムフィールドの原作を「泉」「小牧師(1934)」のジェーン・マーフィンが脚色し、「農園のレベッカ」「嵐の国のテス(1932)」のアルフレッド・サンテルが監督に当たり、「紅雀」「宿命の窓」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「愛と光」のベティ・ファーネス、「乙女よ嘆くな」のフランク・アルバートソン、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「泉」のセーラ・ヘイドン、モリー・オディ、その他。

ストーリー

20数年前、米国中西部の田舎町に住むヴァージー・ウィンタース(アン・ハーディング)は、町の名士ジョン・シャドウェル(ジョン・ボールズ)と相思相愛の仲であった。ジョンにはローラ(ヘレン・ヴィンソン)という許嫁があったが、彼は婚約を解消してヴァージーと結婚するだろう、と噂されていた。ところが、ジョンはローラと結婚して町へ戻ってきた。彼はヴァージーがヒューゴー・マックィーン(クレイトン・チェニー)という青年と結婚した、と彼女の父親に聞かされてローラと結婚したのだった。それは、双方の親たちが2人の仲を裂くために計った嘘であった。ジョンはそれを知り、驚いてヴァージーの婦人帽子店を訪れた。そして彼女も依然、彼を愛しているという事を知ったが、もはや後の祭であった。ジョンはローラとの離婚を考えたが、代議士に立候補する彼を公人として成功させたいと願うヴァージーは、それを諦め、自分は日陰の身となることを決意する。彼女はジョンの子を宿し、シカゴのある病院で出産。生まれた子はジョンの養女として引き取られ、ジョーンと名付けられた。そして2人の秘密の愛が続けられていく間に、ジョンは上院議員となり、飛行機事業に投資して成功した。しかしヴァージーの日陰者の生活はいつか町人達に知られ、爪弾きにされ、ボイコットされたが、彼女は真実の愛一筋に生きて悔いはなかった。かくて年月は流れ、ジョーン(ベティ・ファーネス)が19の春、銀行家トルーズデールの息子ラニー(フランク・アルバートソン)と恋仲となり、めでたく結婚した。娘が結婚した以上、ジョンは愛せぬローラと結婚生活を続ける事が出来ず、妻に離婚話を持ちだす。ローラはシャドウェル夫人の地位に執着する余り拒絶し、ジョンの後を追ってヴァージーの元へ行き、夫を射殺する。ヴァージーはジョンの名誉のために、また娘ジョーンに迷惑をかけぬために口を閉ざしたので、殺人犯として投獄される。しかし1年後ローラが病死し、臨終に真実を告白したためヴァージーは釈放され、娘夫婦に引き取られて幸福な人生を送った。...

作品データ

原題 The Life of Vergie Winters
製作年 1934年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi