嵐が丘(1970)
ホーム > 作品情報 > 映画「嵐が丘(1970)」
メニュー

嵐が丘(1970)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

英国の女流作家エミリー・ブロンテ不朽の名作『嵐が丘』の再映画化。この作品は製作総指揮をルイス・M・ヘイワード、製作はサミュエル・Z・アーコフ、ジェームズ・H・ニコルソン、監督はロバート・フュースト、脚本はパトリック・ティリー、撮影はジョン・コキロン、音楽はミシェル・ルグランがそれぞれ担当。出演はアンナ・カルダー・マーシャル、ティモシー・ダルトン、ハリー・アンドリュース、イアン・オギルビー、ヒラリー・ドワイヤー、ジュリアン・グローヴァー、ヒュー・グリフィスなど。

ストーリー

北イングランド、ヨークシャー地方特有のヒースの花が咲きにおう野原の一角で、ひとりの若い女の葬儀がしめやかにとり行われていた。黒い参列者の一群から離れて、ただひとり、この様子をじっと見つめる馬上の男がいた。彼の名はヒースクリフ(ティモシー・ダルトン)。埋葬された女とは、決して消し去ることのできない過去があった。…もう何年も前のことだったか。ヒースクリフは幼いころから好きだったキャシー(アンナ・カルダー・マーシャル)と、永遠の愛を誓い合ったのだった。孤児だったヒースクリフは幼いころ、キャシーの父アーンショー氏(ハリー・アンドリュース)に拾われ、“嵐が丘”と呼ばれる氏の館で家族同様に育てられたのだ。キャシーとは特に気が合い、いつも一緒だった。そんな生活も父の死とともに一変した。新しい“嵐が丘”の主人公となったキャシーの兄ヒンドリー(ジュリアン・グローヴァー)は、父に愛されていたヒースクリフを憎み下男同様に扱ったが、そんな辛さもキャシーの愛で報われるのだった。ある日、ふとしたことで、キャシーは近隣に住むリントン家のエドガー(イアン・オギルビー)と知り合い、その優雅なハンサムぶりに心を奪われた。粗野なヒースクリフと対照的なエドガーに、年頃の娘らしい気持が動いたとしても当然だった。もちろんキャシーは裕福なエドガーの金を利用して、ヒースクリフを救ってやるつもりだったのだが、そんな配慮を知るはずもないヒースクリフは、絶望と怒りのあまり“嵐が丘”を去った。復讐を誓って……。3年後、妻に死なれたヒンドリーの生活は荒みきっていた。その彼の前に、ヒースクリフは再び現われた。それも成功した立派な紳士の姿で。彼は巧みにヒンドリーの身代を手中に収めると、エドガーの妹イザベラ(ヒラリー・ドワイヤー)に近づき、妻にした。キャシーを愛するがゆえの憎しみからとはいえ、あまりに激しく悲しいヒースクリフの怒りだった。彼の激情の渦の中でキャシーは身ごもったまま病いに倒れ、高熱に浮かされながらヒースクリフの名を呼んだ……。新しい墓を掘り返しながら、ヒースクリフは叫ぶ、「俺がいくまで待っててくれ!」。いつの間にかキャシーが目の前にほほえんでいた。それは幻覚かもしれなかった。酒に酔ったヒンドリーの拳銃に重傷を負ったヒースクリフは、最後の力をふりしぼって、2人だけの秘密の場所“黒い岩穴”に向かうのだった。...

作品データ

原題 Wuthering Heights
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi