嵐を呼ぶ太鼓
ホーム > 作品情報 > 映画「嵐を呼ぶ太鼓」
メニュー

嵐を呼ぶ太鼓

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「北西への道」のケネス・ロバーツの原作小説から、「折れた矢」のマイケル・ブランクフォードと「愛欲の十字路」のフィリップ・ダンが脚色、「さすらいの涯」のジーン・ネグレスコが監督した1952年作品で、製作は「コロラド」のジュールス・シャーマー。撮影は「女海賊アン」のハリー・ジャクソン、音楽は「勝利の園」のヒューゴー・フリードホーファーである。主演は「決闘カリブ街道」のデイル・ロバートスンと「サンマー・ホリデイ」のアン・フランシスで、「ベルリン特急」のチャールズ・コーヴィン、ウィリアム・マーシャルらが助演。

ストーリー

1802年、若い米人弁護士ハムリン(デイル・ロバートソン)はリディア・ベイリー(アン・フランシス)というアメリカ娘に会い、彼女の亡父の遺産を相続させるためにハイチ共和国キャップ・フランソワ港に上陸した。当時、ナポレオンはハイチをフランスの属領としようと画策し、そのためにハイチでは白人はすべてフランスの廻し者と見なされ、危険な情勢にあった。リディアのいる農場に行く途中、果たして彼は危険にあったが、キング・ディック(ウィリアム・マーシャル)という現地軍の大将に救われた。ディックの案内で農場に向かう途中、また危難にあったがハムリンは逃れて農場につき、農場主ドートレモン(チャールズ・コーヴィン)の息子とその許婚リディアに会うことができた。キング・ディックも逃げのびてきたが、その夜彼は人を殺し、騒がれてハムリンと一緒に逃亡した。しかし、リディアたちが危険にさらされていることを知ったハムリンは、引き返して2人を救った。やがて、リディアたちはドートレモンに、ハムリンは共和国軍の手に救われた。一方、港では仏軍司令官ルクラークがナポレオンの妹である妻と舞踏会を催し、仏側はハイチ大統領と講和会議を開くと見せかけて大統領を捕らえようとしたが、それを知ったハムリンは大統領に代わって会議に臨んだ。そこへリディアとドートレモンが現われ大いに驚き、ルクラーク将軍はハムリンを射殺しようとしたが果たせなかった。ハムリンはリディアを連れていこうとするが、それを妨害しようとしたドートレモンは誤って息子を射つ。騒動が終わり、キング・ディックに前途を祝福されて、ハムリンとリディアは船に駆けつけるのだった。...

作品データ

原題 Lydia Bailey
製作年 1952年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス極東

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi