アメリカ式(1924)
ホーム > 作品情報 > 映画「アメリカ式(1924)」
メニュー

アメリカ式(1924)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

リチャード・タルマッジのエフ・ピー・オーに於ける第一回作品で、「突貫突貫」と同じくフランク・ハワード・クラークの原作、ジェームズ・W・ホーン監督作。主演はリチャード・タルマッジ。共演は「燻ゆる情炎」「ミニー」で端役を演じたヘレン・リンチで、その他マーク・フェントン、リー・シャムウェイ。

ストーリー

造船会社の社長ダン・トーマス(マーク・フェントン)の息子ロイ(リチャード・タルマッジ)は外国へ留学していたが、父の命令で帰国。会社のドックへ入って働くことになった。使用人たちが行っている密輸入を、父の仕業のように細工しているのを知ったロイは、悪人の証拠を握り、父の汚名をそそがんとする。支配人クライド・ハーヴェイ(リー・シャムウェイ)と、バークレイ船長(パット・ハーモン)が共謀して悪事を働いていると突き止めたロイは、変装してバークレイの船に乗込む。そして父の親友ジョナス・ウィンスロープ(ウィリアム・ターナー)の愛娘グロリア(ヘレン・リンチ)がハーヴェイの悪計で誘拐されたのを救い、悪人を一掃する。かくしてロイは父の嫌疑を晴らすと共に、グロリアとの恋も成就するのだった。...

作品データ

原題 American Manners
製作年 1924年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi