雨を呼ぶ男
ホーム > 作品情報 > 映画「雨を呼ぶ男」
メニュー

雨を呼ぶ男

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジェラルド・ポーモン氏作の雑誌連載小説に基づいてホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「南北勇腕比べ」「黄金洪水」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督したもので、「漂白い人」「狂乱船」等出演のウィルアム・コリアー氏、「黄金狂時代」「救いを求むる人々」出演のジョージア・ヘール嬢、「漂白い人」「駅馬車(1925)」等出演のアーネスト・トーレンス氏等が主演し、プランドン・ハースト氏、トム・ウィルソン氏、マーサ・トマック嬢が助演している。

ストーリー

騎手のボビー・ロバートソンは競馬界では「雨乞い男」として誰も知らぬ者もない人気者だった。彼は祈りさえすれば雨を降らせる能力を持っていると思われていた。それで上天気でトラックが乾いていることを望む馬の持ち主たちは彼の不在を、またトラックが湿っていることを望む馬の持ち主たちは彼が居てくれることを必要とした。ボビーは巧みな外交術で両方からいい金を獲ていた。ある大競馬の日ボビーはセシウスという馬に乗っていたが誤って落馬し馬の蹄にかけられた。彼は病院にかつぎ込まれネル・ウェンデルという見習看護婦に介抱された。医者はボビー再び馬に乗れないと宣告した。ネルは以前踊り女だったがボビーはネルに惚れて自分の雨乞い術は実は戦争で負傷した腕の古傷が雨が降る前には必ず痛むのでそれを利用したのだと打ち明けたりした。ネルの昔友達のマイクが来て1軒の酒場を持つことになったから来ないかと誘いにきた。ネルは一旦断ったが看護婦長が彼女を解雇したのでメイクの許に行った。退院したボビーは黒人のチョコレートと2人連れで国境の町にやって来てそこの酒場でネルに逢った。ボビーはネルに結婚を申し込んだがネルは自分の過去を恥じて承知しない。マイクの酒場の向かいにドイルという悪漢がいてマイクの地所を望んでいたがマイクが相談に乗らぬので立腹し、雨が欠乏し疫病に見舞われた町に救援隊が来るのを妨げた。マイクはそのために傷いた。ボビーは最後の手段として今度は本当に雨乞いの祈りをした。彼の誠が通じたか雨が降って町は救われたがマイクは死んだ。ボビーとネルはマイクが残してくれた金で結婚し農場を経営した。...

作品データ

原題 The Rainmaker
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi