当たって砕けろ(1929)
ホーム > 作品情報 > 映画「当たって砕けろ(1929)」
メニュー

当たって砕けろ(1929)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「都会の哀愁」「美人投売1ドル均一」のグレン・トライオン主演映画でマン・ペイジとエドワード・モンテーンが書き下ろした物語を、アール・スネルとナン・コチレーンが脚色。それを基にジョセフ・フランクリン・ポーランドが撮影台本を執筆した。監督は「夜遊び三羽烏」「私のパパさん」のフレッド・ニューメイヤー。トライオンの対手役には、「春爛漫」「空中サーカス」のスー・キャロル。そのほかトム・オブライエン、リチャード・カーライルなど。なおこの映画にはトーキー、サイレントの二種類があり、トーキーの方は台詞場面をエイ・ビー・ヒースが監督しているが、日本で公開されたのはサイレントの方。

ストーリー

貧弱な姿をしたジェリー・ウィラード(グレン・トライオン)は、勤め先の出版社から解雇された。彼がオフィスから出て行こうとすると、入れ違いに入ってきたのはアン・ロジャース(スー・キャロル)という娘であった。アンは父親の書いた『精神一到何事か成らざらん』という本を出版してもらおうと、幾度も出版社へ無駄足を踏んでいたのである。アンはジェリーを出版主のワトスン(リチャード・カーライル)と思い込み、無理矢理彼の手に原稿を押しつけて、立ち去っていく。取り残されたジェリーはなんとなく原稿を読み、大いに感動してしまう。彼はこの原稿をワトスンに売り込もうと、ワトスンのホテルへ行く。しかしアンはこのホテルの交換台で働いていたのでジェリーの身許がばれてしまい、その上交渉は不首尾に終わる。しかし原稿に刺激された上、アンに恋心を感じたジェリーは、是が非でもこの本を出版しなければならないと決心し、その夜またワトスンを訪れる、このホテルで催される出版業者の集会で、ワトスンに原稿を読ませ、なんらかの回答を得ようというのだ。ところがジェリーが服を預けておいた洋服屋が火事になり、ジェリーにはは着ていくに服がない。しかし、この機を外しては一大事なので、下着一枚の上に毛衣のコートを羽織ってジェリーはワトスンのところへ行く。だが苦心も甲斐なく、彼はまたもワトスンから断られる。おまけにワトスンは洗濯屋が間違えて持ってきたタキシードを、取替えてくるようジェリーに命じる。これは又とないチャンスだった。ジェリーはタキシードを洗濯屋には持っていかずに自分で着て、集会に現われたのである。そしてジェリーは人々を前にして、『精神一到何事か成らざらん』の素晴らしさについて熱弁をふるう。その結果どうなったのかは、ワトスンがジェリーを自社のパートナーに契約したことで、うかがえるだろう。そしてジェリーがめでたくアンと結婚したことは、言うまでもない。...

作品データ

原題 It Can Be Done
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi