夢魔のもだえ
ホーム > 作品情報 > 映画「夢魔のもだえ」
メニュー

夢魔のもだえ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

3人の男女が地下鉄の中でみた性の妄想。製作・監督・脚本はロバート・アークレス、撮影はジュリアナ・ワン、音楽はマルセル・エメが担当。出演はリンゼイ・ボーエン、リズ・スティーヴンス、シャロン・チャーチ、サム・スチュアートなど。

ストーリー

ニューヨークの夜から、ひとりはじき出されるように、地下鉄に乗ったトム(リンゼイ・ボーエン)は、自分の前の席にいるバーバラ(シャロン・チャーチ)に目をやった。そして、次第にトムは夢想の世界に入っていった。そこでは、彼は007ばりの秘密諜報員だった。そして、バーバラを救うため必死の活躍をしたが、ついに彼女は悪人たちの好色のメスのいけにえにされてしまうかに見えた。が、そこでトムは目をさました。その時、黒髪の女リタ(リズ・スティーヴンス)が乗り込んできた。そして彼女もまた想像の世界に入り込んでいった。その中で彼女は、地位のある男と関係を結び、その現場写真を秘書のマーコ(サム・スチュアート)に撮らせ、一儲けを企んだ。うまく盗み撮りをしたあと、そのフィルムを見て、2人は体を求めあった。そこで彼女は眼が醒めた。一方、バーバラは雑誌を読んでいるうちに、妄想のとりことなっていた。静かな湖にやって来た彼女は、そこで3人組の男女、トムとリタとマーコの奔放な生態に悩まされ、ひそやかな自慰にふけるのだった。そうしたある日、彼女は林の中でトムたちに襲われ、男を知らぬ肉体を汚されてしまった。やがてバーバラが目をさました時、リタとマーコが手をとりあって地下鉄を下りて行った。残ったトムとバーバラもいつしか手を握り合っていた。(日本ヘラルド配給*1時間24分)...

作品データ

原題 The Taming
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi