愛欲と戦場
ホーム > 作品情報 > 映画「愛欲と戦場」
メニュー

愛欲と戦場

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「死の砂塵」のラウール・ウォルシュが1955年に監督した戦争映画。レオン・ユーリスが自身の小説を脚色している。撮影は「三つ数えろ」のシド・ヒコックス、音楽も同じく「三つ数えろ」のマックス・スタイナーである。出演者は「タンガニイカ」のヴァン・ヘフリン、「雨に濡れた欲情」のアルド・レイ、「銅の谷」のモナ・フリーマン、「カナダ平原」のナンシー・オルソン、「幌馬車隊」のジェームズ・ウィットモア、「飾窓の女」のレイモンド・マッシー、タブ・ハンター、「三つ数えろ」のドロシー・マローン、「日本人の勲章」のアン・フランシス、「死刑囚2455号」のウィリアム・キャンベル、ジョン・ラプトン、スーザン・モロウなど。

ストーリー

1942年、サンジエゴの海兵隊キャンプに入隊するダニー(タブ・ハンター)は恋人キャシー(モナ・フリーマン)に別れを告げ、列車に乗った。車内にはやはり海兵隊へ行く学生出のマリオン(ジョン・ラプトン)、インディアンのライトタワー、乱暴者のジョー、恋人スーザンと別れて来たスキー(ウィリアム・キャンベル)、木樵のアンディ(アルド・レイ)などがおり、列車がサン・ディエゴに着くころ皆はすっかり意気が合うようになっていた。猛訓練ののち彼らはハクスリー大佐(ヴァン・ヘフリン)の大隊に配属され、更に訓練をへたのち一人前の軍人となった。マリオンと女給レイ(アン・フランシス)とのささやかなロマンスなどがあったあと、大隊はニュージーランドへ出征しウェリントン市に駐屯した。アンディはここで戦争未亡人のパット(ナンシー・オルソン)と恋におちた。大隊はガダルカナルに出撃、作戦終了後ニュージーランドの基地に引き揚げた。この戦闘でスキーは戦死した。パットと再会したアンディは結婚を申しこんだ。大隊はタラワ上陸作戦に参加するはずだったが作戦に間に合わず、予備軍としてハワイに回されることになった。これを潔ぎよしとしないハクスリーは師団長スナイプス将軍に懇願し、サイパン作戦に加わることになった。大隊はレッド・ビーチに配置され、日本軍の頑強な抵抗にハクスリーは戦死、アンディは足に重傷を負い、大隊は一時後退しなければならなかったが、艦砲射撃の掩護でついにサイパンを攻略した。数カ月後、アンディはパットとの間に出来た子供に再会した。ダニーは故郷ボルチモア駅頭でキャシーと相擁した。駅では新たにサンジエゴに向かう海兵の1団が列車に乗りこんでいた。...

作品データ

原題 Battle Cry
製作年 1955年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画会社
上映時間 149分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

ノミネート
作曲賞(ドラマ/コメディ) マックス・スタイナー
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi