愛の投縄
ホーム > 作品情報 > 映画「愛の投縄」
メニュー

愛の投縄

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ピーター・B・カイン氏の原作を、L・G・リグビー氏が脚色し、「ジョンスタウンの大洪水」「血と肉」等と同じくアーヴィング・カミングス氏が監督したもので、主役は「3悪人」「無花果の葉」等出演のジョージ・オブライエン氏が演じ、相手役は「咬み殺すまで」「歓楽の不夜城」等出演のアニタ・スチュアート嬢が久方ぶりの出演で、ラッセル・シンプソン氏、エディス・ヨーク嬢、シド・ジョーダン氏等が助演している。

ストーリー

芽出度く大学を卒業して父が経営するニューメキシコの牧場へ帰る途中の汽車中でブラッドリー・ブラッチフォードは同じ目的地に行くシビル・ハミルトンという美人と近づきになった。シビルは学校教師として赴任の途に在つたが、長い汽車旅行のつれづれ慰め合った2人は目的地に着くころには既に恋し合う仲となっていた。ブラッドリーの父親ハンクはあまり評判の良くない男で牛盗人と噂されていたため、自然シビルの耳にも聞こえると教師という自分柄だけでも彼女は牛盗人の伜の結婚申し込みを承諾するわけにはいかなかった。それから幾月かの後、ブラッドリーは山陰に怪しい男が他人の牛に勝手に烙印をしているのを認め銃を擬して近づいて見ると意外にも彼の父ハンクであった。伜の難詰に対してハンクは盗癖はブラッチフォード家の遺伝だから抑制することが出来ないので息子は父親を親友デーブ・マーテインとその父トムに引き渡し法の制裁を乞うた。デーブはシビルを恋していたが彼女がブラッドリーを真実愛していることを知ると己が恋を諦めて2人の仲を取り持とうと考えた。そしてシビルが先頃から牧場を買って経営しているのを奇貨とし父のトムと計ってブラッドリーの牧牛をシビルの牧場に秘かに移して烙印し、シビルが牛を盗んでいると評判を立てた。この計略が図に当たり、ブラッドリーは父の牛盗人の名を恥じるに及ばなくなったので、シビルに改めて求婚しその承諾を得た。...

作品データ

原題 Rustling For Cupid
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi