愛の太鼓
ホーム > 作品情報 > 映画「愛の太鼓」
メニュー

愛の太鼓

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

D・W・グリフィス氏がユナイテッド・アーティスツ復帰後の第一回作品で、原作を彼の有名なフランチェスカ・ダ・リミニの伝説に得ている。映画にこれを移し植えたのはゲリット・J・ロイド氏で、背景をアメリカに移し年代も変えて書き直してある。主役は「女性の敵」「明眸罪あり」等出演のライオネル・バリモア氏、「メアリー・ゴー・ラウンド」「降伏」等出演のメアリー・フィルビン嬢、それに「恋のかけひき」「カルメン(1927)」等出演のドン・アルヴァラド氏との3人で、これを助けてタリー・マーシャル氏、ウィリアム・オースティン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏、ユージェニー・ベッセラー夫人などが出演している。

ストーリー

南米にポルトガルの王が勢力を張っていた頃の物語。封建時代の話である。アルヴィアの一家、当主のカトス公は豪男の聞え高かったが、彼は足が悪くそして極度の背曲りであった。それに引返へ弟のレオナルドは美しい容貌を持っていた、しかしこの2人の兄弟の間には切っても切れぬ愛が流れていた。隣領のグラナダ公とこのアルヴィア公との間には長い争いが続けられていたが、グラナダ公は遂にその抗し難きを覚り、息女のエマヌエルラをカトスに婚せしめて、和議を結ぶことを申し出でた。カトスはその申出を容れ、自分は国事多忙の折とて、弟のレオナルドを使者にと遣はして、エマヌエルラの手を乞はしめた。レオナルドとエマヌエルラとは互に憎からず思った。が、約は動かし難かった。カトスとエマヌエルラとの結婚式は挙げられた。やがてカトスは弟レオナルドに新妻のことを頼んで自身、外敵に当たる可く出征して行った。その留守中、若い2人の間には烈しく情火が燃えさかった。2人は道ならぬ恋に悩んだ。ある夜、レオナルドは遂に去ってその邪道に陥ることから免れやうと最後の別れをエマヌエルラにに告げに行った。その現場へ密告を受けて急いで引返して来たカトスが這入って来た。己れが会て世にも愛していた妻と弟とのこの有様に、カトスの裏切られた憤怒は素凄じかった。彼はこの2人を自らの手にかけた。が、その昂奮が醒めた時、カトスは言い知れぬ淋しさに襲はれるのであった。...

作品データ

原題 Drums of Love
製作年 1928年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi