青春の夢(1920 Withey)
ホーム > 作品情報 > 映画「青春の夢(1920 Withey)」
メニュー

青春の夢(1920 Withey)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ノーマ・タルマッジ嬢本年度作品の1つで、上品な人情喜劇である。「笑みのたたり」でコンスタンス嬢の対手をしたコンウェイ・タール氏が嬢の対手を演じている。「新設男」の原作者、「三人ロミオ」の監督者チェスター・ワージー氏の監督で、軽い気分を味うに格構の作品である。

ストーリー

マリー・カレンダーはある老紳士の財産相続人となるが、その条件として自分で夫となるべき男を選む事となる。彼女の見付けた立派な男、それはアーネスト・リスモーアという紳士であったが、女のマリーから彼に結婚を申し込む事はどうしてもできなかった。それがためにマリーは大金持ちの後家さんに変装し、ちょうどアーネストが破産しようとしているのを見て、自分と結婚して財産の整理をしてはと申し込む。そして假令彼女と結婚したからとて、後から若い美しい女に気に入ったのがあったらその女と結婚しても良いという条件を付けた。もちろんアーネストはこれを承諾した。マリーは後家さんの変装を解き、若い身装りで夫に近付き、彼の注意を引く事に努める。しかしアーネストは大恩ある妻を、例え年老いているとはいえ、そして若い愛人ができたとはいえ、離縁する程の人でなしでは無かった。終に耐え切れなくなったマリーの方から変装を解き、ありのままの若い女としてアーネストの前に総ての事情を告白する事になった。...

キャスト

作品データ

原題 She Loves and Lies
製作年 1920年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi