愛に生きて
ホーム > 作品情報 > 映画「愛に生きて」
メニュー

愛に生きて

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「若き人の眼」等エキティ映画に大分主演したクララ・キンボール・ヤング嬢が其後コンモンウェルス社で主演しメトロ社が発売した大映画である。リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏の雑誌英才小説をフランク・ベレスフォード氏が脚色し、例によってハリー・ガースン氏が自ら監督している。出演俳優は実に堂々たるもので、最近「愛は奪う」に出たエリオット・デクスター氏「月下の囁き」「家治まりぬ」等ヴァーノン・スティール氏、「禁酒御免」等のマーガレット・ルーミス嬢、その他エドウィン・スティーヴンス氏マートル・ステッドマン嬢等知名の人が多い。

ストーリー

ロシア貴族の娘ナラは革命突発と共に故郷を脱れ、一人各所を流浪の未来国へ渡った。種々艱難辛苦を味わった彼女は、自分の体験から他の憐れな人々に同情する心が非常に深くなり、信仰の力により此等の人々を救おうした。却って其為に彼女は幾度か誤解される事もあった。或時は貧故に美術家のモデルとなり或る男の殺人未遂を庇った為に嫌疑をうけ、或る時はまた医者さえ見放した病人の看護して詐欺と間違えられた。しかし結局彼女の熱誠の籠もった愛の宗教は認められて行った。そしてかつて彼女を疑った医師クレイヴロウは彼女の立派な心に惹きつけられ相思の仲となり未来を誓ったのである。...

作品データ

原題 The Hands of Nara
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi