哀調の小径
ホーム > 作品情報 > 映画「哀調の小径」
メニュー

哀調の小径

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

喜歌劇界の人気者エディ・レオナード氏が招かれて初めて主演した映画で、原作はジョー・スワーリング執筆の舞台劇。それを「良人の危険時代」「シー・ホーク(1924)」のJ・G・ホークス氏と「天晴れ名騎手」のロバート・F・ヒル氏とが脚色し、J・G・ホークス氏が撮影脚本を作り、ロバート・F・ヒル氏が監督したもので助演者は「好いて好かれて」のジョセフィン・ダン嬢、その他ハントリー・ゴードン氏、ジョージ・E・ストーン氏ジェーン・ラ・バーン嬢等である。

ストーリー

天幕劇場で黒人の民謡と踊りを売り物にして人気をとっているデス・デュプリー夫妻にはコニーと言う可愛らしい娘がある。デスは楽天的な男で、何時かは大芝居の舞台を踏んでみせると力んでいるが妻のドロレスと結婚してから4年にもなるのに昔に変わらぬ安見世物に出ているのである。生来の美貌を誇るドロレスはこのみすぼらしい生活に愛想をつかして遂にコニーを連れて家出してしまった。愛する妻に捨てられたデスは失意の人となって4年の後には名声を失墜して某劇場の道具方にまで身を落としていた。運命の悪戯はドロレスをこの小屋の主脳女優にした。そして2人は相逢うた。デスは愛児コニーを想い出し堪え切れなくなって密かにコニーに逢いに行き「麗しのそなた」と言う歌を聞かせコニーを慰める。コニーもまたデスを父とは知らず「夢の騎士」と呼んで慕ってくる。デスとコニーがドロレスの目を掠めて逢っていることがドロレスに知れた。ドロレスはコニーの父が天幕劇場の道化者であると打明けるのが辛さにデスとコニーとの接触を喜ばない。ドロレスが大劇場に初出演する当日コニーは大怪我をして瀕死の床に横るが「夢の騎士」を切に慕ってやまない。ドロレスも開幕に近ずくが舞台にも出られない。愛児の危機を知ったデスは駆けつけてドロレスを劇場にやり、独り残って愛児を看護し「麗しのそなた」を唄う。コニーは知らず知らずの間に危機を脱した。ドロレスも大成功を収めて舞台から戻り昔変わらぬデスの愛情に迷いの夢覚めて親子3人楽しく天幕劇場へ帰って行く。...

作品データ

原題 Melody Lane
製作年 1929年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi