愛すればこそ(1922)
ホーム > 作品情報 > 映画「愛すればこそ(1922)」
メニュー

愛すればこそ(1922)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

英国にあるパラマウント撮影所に於いて製作された映画で、主役はアン・フォレスト嬢、相手役として「虎の牙」主演、その他無数に相手役として人気を得たデイヴィッド・パウエル氏が出演している。監督は「狂える悪魔」「女優の悲哀」等同様ジョン・S・ロバートソン氏。ディオン・クレイン・カルスロップ氏の小説「パーペチュア」 Perpetua をジョセフィン・ラヴェット嬢が脚色したものである。

ストーリー

母に死なれ父の行方知れぬ憐れな娘を自分の手に引き取ったブライアンはその後娘と共にフランスに渡り或るサーカス等に入って暮らした。彼女は成人して教育の為に尼僧院へ送られた。優しい乙女となって彼女は英国の地へ帰り1人の若者と会い結婚した。酒飲みの夫、彼女は決して幸福ではなかった。此の頃ブライアンは始めて彼女に彼が真の彼女の父でない事を明かした。が彼女に対する否み難い愛情は独り胸に秘めていた。彼女の夫が悪人に殺された時、彼女は殺人の嫌疑迄かけられたが、やがて濡れ衣も晴れ真に己を愛するブライアンの手に抱かれ人生の幸福を始めて知った。...

キャスト

作品データ

原題 Loves Boomerang
製作年 1922年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi