ひとつの歌
ホーム > 作品情報 > 映画「ひとつの歌」
メニュー

ひとつの歌

劇場公開日

解説

黒沢清や青山真治、熊切和嘉らの下で助監督の経験を積んできた新鋭・杉田協士監督の長編デビュー作。東京郊外の駅で起きた人身事故の現場に偶然居合わせた剛は、自分が撮っていた写真に事故で命を落とした女性・妙子が写っていることに気づく。やがて妙子に桐子という娘がいることを知った剛は、事故直前の穏やかな表情をした妙子の写真の存在を告げようと、桐子の前に姿を現すが、なかなか写真の存在を告げることができない。剛と桐子は次第にひかれ合っていくが……。2011年・第24回東京国際映画祭の日本映画ある視点部門に出品された。

スタッフ

監督
プロデューサー
勝村俊之
橋本泰樹
脚本
杉田協士
撮影
飯岡幸子
音響
黄永昌
編集
大川景子
音楽
柳下美恵

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 boid
上映時間 100分
 

関連ニュース:ひとつの歌

ひとつの歌の関連ニュース

映画レビュー:ひとつの歌

平均評価
4.5 4.5 50 (全1件)
  • 美しいカット 日常生活でつい見過ごしている美しさを丹念にじっくり切り取っているような映画だった。一つ一つのカットが素晴らしいので美術館に行った時のような気分で見た。特に誕生日の場面は音楽もよくて素晴らしい場面... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2012年10月15日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • ひとつの歌のすべての映画レビュー
  • ひとつの歌の映画レビューを書く

他のユーザーは「ひとつの歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報