「現代人が紛れている太平洋戦争」永遠の0 もりりさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「永遠の0」 > レビュー > もりりさんのレビュー
メニュー

永遠の0

劇場公開日 2013年12月21日
全529件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

現代人が紛れている太平洋戦争 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

話の内容としては、今風な考え方をもし当時の日本兵が持っていたらどうか
というような観点で描かれており、新しい。
もっとも単なるタラレバな話で、他の多くの戦争映画と比べて
特段内容が突出しているとは思わなかった。

とはいえこの映画の人気を考えれば、
現代人の感性に近い日本兵を登場させたり、
ド下手でいいから知名度の高い俳優を並べたり、
CGを駆使して美麗な映像で戦闘を描写したりが、
若い人たちへの啓発という意味で正解なのかもしれない。
(と思った自分は古い人なのかもしれない。)

ところで主人公の特攻は、周りを踏み台に生き永らえたことの責任をとったということだろう。
(もっとも、こういう考え方自体が現代では理解されづらいだろうが。)
そうだとすると、彼の特攻が一般的な特攻や自爆テロと同じといえるだろうか。

もりり
さん / 2017年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi