スクリーンで観る高座 シネマ落語「落語研究会 昭和の名人 四」
ホーム > 作品情報 > 映画「スクリーンで観る高座 シネマ落語「落語研究会 昭和の名人 四」」
メニュー

スクリーンで観る高座 シネマ落語「落語研究会 昭和の名人 四」

劇場公開日

解説

東京・国立劇場小劇場で毎月開催されているTBS「落語研究会」の映像を映画館のスクリーンで上映する「シネマ落語」第4作。戦後衰退していた上方落語を復興させた立役者の六代目笑福亭松鶴による「高津の富」(1970)と五代目桂文枝の「猿後家」(86)、昭和の落語黄金期を支え噺家初の人間国宝となった五代目柳家小さんの「試し酒」(84)、初めて昭和天皇の前で御前落語を演じた六代目三遊亭圓生の「猫忠」(77)の4本を上映する。

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 松竹
上映時間 130分
備考 ODS
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.7 4.7 (全1件)
  • 落語とは、耳だけではなく、眼で聴く芸能である 各師匠の十八番だけに、CDでは何度か拝聴したが、映像では今回が初めてで感無量の一言に尽きる 。 一等を当たったのを知り驚く松鶴、 豪快に酒を呑み干す小さん、 正体をバラされ化け猫の本性を晒す圓生... ...続きを読む

    全竜 全竜さん  2012年7月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「スクリーンで観る高座 シネマ落語「落語研究会 昭和の名人 四」」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi