桃(タオ)さんのしあわせ
ホーム > 作品情報 > 映画「桃(タオ)さんのしあわせ」
メニュー

桃(タオ)さんのしあわせ

劇場公開日

解説

2011年・第68回ベネチア国際映画祭で女優賞を受賞したほか、台湾金馬奨や香港金像奨で主要部門を多数受賞したヒューマンドラマ。60年間、同じ家族に仕えてきたメイドの桃(タオ)が脳卒中で倒れてしまい、それまでごく当たり前に身の回りの世話をしてもらっていた雇い主の息子ロジャーは、桃の介護に奔走することになる。そのことをきっかけにロジャーの心境も変化していき、2人の間には実の母子以上の絆が生まれていく。桃役は11年ぶりの銀幕復帰となったデニー・イップで、中華圏の女優としては「秋菊の物語」のコン・リー以来史上2人目のベネチア映画祭女優賞受賞者に。ロジャー役のアンディ・ラウがプロデューサーも務め、ノーギャラで出演したことも話題。共演にアンソニー・ウォン、サモ・ハン・キンポーら。

作品データ

原題 桃姐
製作年 2011年
製作国 中国・香港合作
配給 ツイン
上映時間 119分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第68回 ベネチア国際映画祭(2011年)

ノミネート
ボルピ杯(最優秀女優賞) デニー・イップ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全8件)
  • 本当にしあわせ? アンディ・ラウがいい人過ぎやしないだろうか。もっとクールで気ままな感じがしたほうが、家政婦の作った食事を当たり前の顔をして食べてる人物としては自然な気がした。 なぜか印象に残ったのは、桃さんが老... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2014年9月28日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 理想的過ぎかもしれないが、こう有りたい 長年、裕福な家庭に家政婦として働いていた桃(タオ)さん。ある日、脳卒中で倒れてしまう。当たり前のように世話して貰っていた雇い主の息子で映画プロデューサーのロジャーは、桃さんの大切さに気付き、介護... ...続きを読む

    近大 近大さん  2014年7月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 殺伐とした北京、上海、そして香港 だけど捨てたもんじゃない 僕は仕事で内蒙古や北朝鮮国境の 丹東まで行きましたが、拝金主義に 染まり切ってました 東洋では金持ちほど 下品 立派な人は皆市井で ひっそり そんな映画です アンディラ... ...続きを読む

    フィーゴ フィーゴさん  2014年6月10日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「桃(タオ)さんのしあわせ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi