相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶
ホーム > 作品情報 > 映画「相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶」
メニュー

相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶

劇場公開日

解説

「花と兵隊」の松林要樹監督が、2011年3月11日の東日本大震災で事故を起こした福島第一原子力発電所から20キロ圏に位置する福島県南相馬市原町区江井(えねい)地区でカメラをまわしたドキュメンタリー。11年4月3日、支援物資を運ぶ友人と南相馬市へ向かった松林監督は、そこで市議会議員の田中京子さんと出会う。松林監督は田中さんと行動をともにしながら避難所や被災地をまわり、逆境のなかでも生まれるユーモアや男女の機微など、人々の様子を映し出していく。

スタッフ

監督

キャスト

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東風
上映時間 109分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「相馬看花 第一部 奪われた土地の記憶」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi