ムーンライズ・キングダム : 映画評論・批評

ムーンライズ・キングダム

劇場公開日 2013年2月8日
2013年1月29日更新 2013年2月8日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

小さな人生のささやかな練習も世界を変えることがある

小さな箱庭的な風景が広がる。人形劇なんじゃないかとさえ思えるジオラマ感。小さな島でのボーイスカウトのキャンプという設定や、60年代という時代設定に合わせた主人公の少女の妙に大人っぽいファッションが、そんなことを思わせるのかもしれない。これから彼らに訪れるはずの過酷で残酷な現実を疑似体験する、そんな装置としてボーイスカウトがありキャンプがあり、そしてこの映画がある。

だからそこでは恋も冒険も家族との葛藤も、すべて本番に向けての人生の練習である。彼らがそこで体験することは、近い将来現実に彼らを襲うはずの未知の出来事の予感とともにあるのだ。未来への漠然とした期待と不安が作り上げる彼らのジオラマ。しかしこのような「練習」だって現実のひとつじゃないのかと、この映画は突如高らかに宣言するのだ。

豪雨、雷鳴、不意のキスなど、「練習」にしてはあまりに強烈な現実が彼らを襲う。ジオラマのすべてが台無しになる。台無しになって、彼らが予感していた過酷な現実が顔を出すのではなく、台無しになることそのものが現実なのだと、島を襲った大洪水が告げる。小さな人生のささやかな練習場だった島は、風景を一変させる。誰からも顧みられもしない小さな個人の行動が、世界の終わりとも言える大事件へと一気になだれ込んで行くのだ。この加速度。映画を観ることは世界を変えることだと、監督は本気で思っているに違いない。

樋口泰人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全53件)
  • 初々しさ 内容はともかく、ウェスアンダーソンの映画はファッショナブルで好きだ。 ...続きを読む

    Nanamikiti Nanamikitiさん  2017年11月12日 02:36  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 演出が独特 とても独創的な映像作品。 ...続きを読む

    もりり もりりさん  2017年8月19日 11:59  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • テーマを色に テーマを色に上手に落とし込んでいるので、ただ映像を眺めているだけでなんだか映画に浸れます。 エンドロールの最後の最後までここまで凝った映画も珍しいですね。 ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2017年8月19日 02:30  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi