マリー・アントワネットに別れをつげて
ホーム > 作品情報 > 映画「マリー・アントワネットに別れをつげて」
メニュー

マリー・アントワネットに別れをつげて

劇場公開日

解説

フランスでベストセラーとなったシャンタル・トマ著「王妃に別れを告げて」を原作に、マリー・アントワネットの朗読係を務めた少女の視点から、フランス革命時のベルサイユ宮殿で繰り広げられていた歴史の裏側を描く。1789年7月14日、バスティーユが陥落し、王妃マリー・アントワネットとその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286人のギロチンリストがベルサイユに突きつけられる。王妃に心酔する朗読係の少女シズニーは、それでも変わらぬ忠誠を誓うが、王妃からはポリニャック夫人の身代わりになるよう非情な命令を下される。シズニー役は「ミッドナイト・イン・パリ」「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」のレア・セドゥー。マリー・アントワネット役にダイアン・クルーガー、ポリニャック夫人役にビジルニー・ルドワイヤンら豪華女優陣が共演。

キャスト

作品データ

原題 Les adieux a la reine
製作年 2012年
製作国 フランス・スペイン合作
配給 ギャガ
上映時間 100分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

インタビュー

レア・セドゥー×ブノワ・ジャコー、ベルサイユ宮殿での撮影語る
インタビュー

マリー・アントワネットの朗読係を務めた少女の視点から、フランス革命時ベルサイユ宮殿で繰り広げられていた歴史の裏側を描き、フランスでもっとも権威あるフェミナ賞に輝いたベストセラー小説を映画化。ハリウッドからの注目も高い、主演女優レア・セ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

エンドマークが出てからさらに面白くなる正統派コスチュームプレイ
マリー・アントワネットに別れをつげての映画評論・批評

史実に絶妙なさじ加減のフィクションを交えることで、刺激的なドラマが生まれた。実際は年配の女性だったというマリー・アントワネットの朗読係を王妃に心酔する若い娘シドニーに置き換えた物語は、美しい女性たちの一方通行の想いを描く少女漫画さなが...マリー・アントワネットに別れをつげての映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全19件)
  • 見どころは、美しい女優陣 フランス革命を描いているので、フランス人か、フランス革命に詳しくないと、よく解らない。 よく解らないので、もう美しい女優たちを見て楽しむしかない(!?)。 レア・セドゥはもちろん、マリー・アント... ...続きを読む

    n.yamada n.yamadaさん  2017年9月28日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 片想い ネタバレ! フランス革命勃発時の宮殿内の様子を、Marie Antoinette王妃の朗読係Sidonieの視点で描いた作品。 王妃に焦がれるSidonieは、あえて得意な刺繍係ではなく、謁見できる朗読係に... ...続きを読む

    everglaze everglazeさん  2017年6月11日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 映像美は良い 役者陣や造形、衣装などはどれも美しい。 物語は、「日本でいう大奥シリーズの一つを見ている」という程度の感想。 ベルサイユの宮廷を楽しんで、当時の貴族何がしの感覚を連想するには良い。 ...続きを読む

    いくら いくらさん  2017年5月28日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

マリー・アントワネットに別れをつげて マリー・アントワネットに別れをつげて マリー・アントワネットに別れをつげて マリー・アントワネットに別れをつげて
マリー・アントワネットに別れをつげて マリー・アントワネットに別れをつげて マリー・アントワネットに別れをつげて マリー・アントワネットに別れをつげて
2013年11月26日 2016年11月16日 2017年5月19日 2017年10月1日
¥300 ¥650 ¥1,007 ¥1,990
Amazonビデオ Netflix Hulu U-NEXT
1ヵ月無料 2週間無料 ※31日間無料

他のユーザーは「マリー・アントワネットに別れをつげて」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi