王になった男(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

メニュー

王になった男

劇場公開日 2013年2月16日
10件を表示 映画レビューを書く

コミカルですが人情味溢れた王でした(^_-) ネタバレ

王とそっくりな道化師の男。王が毒によって伏せてしまったところから、この男が王の身代わりになって宮廷に入っていくのですが・・・この設定がまずおかしくって!ありえないのに、真剣にストーリーが展開されているところに魅力を感じます。やりきる!って心意気がすごい。イ・ビョンホンも熱演。真面目な顔とコミカルな顔と楽しませてくれます。私はこの偽りの王は本当に人情溢れる人柄で、ホロッと来ちゃいました。こんな王がいたら宮廷も面白いんでしょうね~。偽りの王の最後はどうなる・・・?バレテしまうのか・・・?これは必見です。

tomo55
tomo55さん / 2014年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

華麗なる王宮。 ネタバレ

ストーリーはわかりやすく、すぐに引き込まれる。
イ・ビョンホンの映画は見たことがなかったが、彼、なかなか目に力がある。
冒頭、毒が入れられた疑いのある器をひっくり返す暴君の演技は、まるで自分が毒味係になって平身低頭しているかと思うほどの恐ろしさ。
15歳のサウォルの蒼白な顔、
「飲めません、殺してください!」
飲めば死ぬはず、死ぬのは同じなのに殺されるのはよいのか?
でも、これは矛盾ではなかった。

サウォルがキーパーソンとなるこの映画。薄幸な彼女の運命に涙する。
注意虚しく毒を盛られた王は密かに寝かされ、顔にまで針を打たれる。沈痛な表情の都承旨、一計をめぐらす。
ここからイ・ビョンホンの変わり身のスタート。
道化役に変わったとたん、溢れでる人間味に観客はほっとするやら、心配するやら。でもそれも計算のうち。
プロだな!

どこの国も同じだよね、陰謀渦巻く政界に、しがらみのない身代わりの王、ハサンが起こす騒動の数々。
よい法律の施行、「謀叛を起こした」義兄の放免、残忍で計算高い大臣たちへの容赦ないたんか。
美しくも哀しい王妃に、笑顔を見せろとおどけた顔をしたり、靴を蹴飛ばして護衛の目をくらませたり。
小豆粥を差し入れたり、護衛が男泣きしたり。
別の人間だから当然だが、側に仕える人たちは王を「変わった
」と言い、食事は明るい雰囲気に。
悪法で虐げられ、流れ着いたサウォルへは兄のような思いやりを見せる。

そしてやっぱりばれた胸の傷。悪い大臣は兵を挙げてなだれ込んでくる。
逃げないハサン。都承旨は意味深なことを言う。
平民を讃えたいなら、王になれと。
王になりたいと言うハサン。
そして扉が開かれ、燃え盛る松明を持ったツワモノども。
手荒く衣がはぎ取られて…

上手です。
この上手というのは脚本。
道化役は王のふりをするうちに、王らしい貫禄を備えてきた。威厳ある声色、ふるまい、これはもう王だ。まさに、王になった男です。
ここで、ふたりがひとりになった。
本物と見分けがつかなくなったからこそ、このシーンが生きる。驚かされます。
これを同じ人物が演じるのに、すっと腑に落ちる。演技力の高さはわざわざ言いませんが。

また、この物語は、どんな場所であっても、ひとりの人間が変わることで周囲が劇的に変わるということを表しています。王宮なんて究極ですよね。新しい上司、新しい部下や子ども、異質な人間が入り活動すると、組織や団体、国も、こんなに変わるんですね。
サウォルは、冒頭のシーンでは毒で死にたくないと思ったのに、ハサンのためには死を選びます。もちろんこれはフィクションですが、こういうことは現実でもありますね。
権力者だけが守られるわけではなく、人望のある者が救われる。
現実世界は二項対立ではないけれど、ハサンの影響力の大きさを感じました。

とにかく画面が美しい。
スマートなイ・ビョンホンはスーツもいいけれど、伝統的衣装の見事なこと。
洋服を見慣れた目には新鮮でした。

ブンガクキョウ
ブンガクキョウさん / 2013年11月30日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イ・ビョンホンは本当に優れた俳優だ ネタバレ

韓流スターとひとくくりにするのは本当に惜しい実力派俳優のビョン様。この映画でも主人公の魅力をあます事なく魅力的に表現。ビョン様の真骨頂は少し階級の低いところから成り上がるアンビシャスなので二役の下層階級の主人公の方がハマりすぎて変貌具合が物足りない感じはマイナス点かも。

NEO
NEOさん / 2013年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

王に相応しかった男 ネタバレ

韓流はそんなに好きじゃないけど、韓国映画は割と好き。面白い面白くないの差が激しいが、本作は当たりの方。
面白かった!

17世紀、朝鮮時代の韓国。暗殺を恐れ暴君と化したクァンヘグンは、自身にそっくりな道化師ハソンを影武者にする。そんな時、クァンヘグンが病に倒れ、ハソンは王の代役を務める事になる…。

実在の暴君に影武者がいた…というフィクションとノンフィクションを巧みに融合。
宮廷劇なので抵抗してしまいがちだが、中身が実に充実していて飽きさせない。

突然王の影武者となったハソン。
忠臣から厳しい指導を受け、慣れない日々に悪戦苦闘。
道化師なだけあってハソンの一挙一動がコミカル。
笑えるシーンも多い。

頼りなさそうで危なっかしいハソンだが、いざやると、見事にこなす。
影武者とは言え“王”なので、政治にも関わる事になる。富裕層に甘く、民衆に厳しい政策に疑問を抱くようになる。
国政を見直し、事情を知る側近や宮廷に仕える人々をも魅了し始める。
それは、心が離れてしまっていた王妃も例外ではなく…。

人が変わったような王に、政敵は疑惑の目を向ける。やがて、ある証拠を掴み…。
陰謀渦巻く宮廷劇の醍醐味もばっちり。

やはり最も引き込まれるのは、王としての自覚が芽生えていくハソンの姿。
本物より王に相応しいのでは…?
国のトップに立つべき人物とは…?
見る者に問いかけ、感動的ですらある。

イ・ビョンホンが王と影武者の一人二役を熱演。王役では冷徹に、影武者役では人間味たっぷりに、演技力を見せつける。
イ・ビョンホンの一人舞台ではなく、周りの登場人物の描写もしっかり描かれている。
側近のホ・ギュンとチョ内官は印象的。護衛のト部将と毒味役のサウォルは泣かせる。王妃役のハン・ヒョジュは美しい。
宮廷内の美術や豪華絢爛な衣装には目を見張る。

好きな韓国映画のリストに、また一本、新たな作品が加わった。
満足度は高い!

近大
近大さん / 2013年10月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

団体鑑賞される男。 ネタバレ

実在した朝鮮王朝15代目の王・光海君をモデルに、
その影武者となった男の闘いをフィクションで描いている。
さすが韓流大河ドラマ、主演イ・ビョンホンということで、
劇場ロビーからすでにオバさまとオバアさまの軍団が占拠!
最近あまりビョンホン映画を観ていなかった気がするので、
懐かしい~なんて思いながら、まるで団体鑑賞のように入場。

こういった影武者映画は最近でもけっこう作られている。
面白いパロディものから、恐ろしいテロリスト系まで様々。
1人の俳優が別人を演じるのだから確かに難しい点が多く、
俳優の真価(言いすぎ?)が問われると思うが、
そこは安定したビョンホン、さすがの演技力でしっかり魅せる。
実際の王は暴君(昔は良王、今は暗殺の恐怖に脅えて)であり、
道化師ハソンが宮廷お笑い芸として披露するのを、たまたま
見かけた王の側近ホ・ギュンによって宮廷内に雇われる。
まずはお勉強、という手順から王の日常を学んでいく光景が
非常に愉快で、世話係のチョ内官も身分を知り温かく見守る。
奇しくもそんな中、王が謎の毒病に倒れ、遂に影武者ハソンが
その本分以上を発揮する日がやってくるのだが…。

物語はやがてどうなるか、の定石を崩しておらず予測通り。
なので他の作品と比べて突き抜けた部分はないものの、
いかにも庶民の考えそうな発想や意見と、王政ならではの
立場や決定権の、ありとあらゆる食い違いが非常に面白い。
側近とのやりとりが愉快であり厳しくもあり、頷ける部分が
多いのに感心し、王妃ですら後半まで影武者とは気付かず、
王が良い方向に変わったという評判はすこぶる調子がいい。
ところが宮廷内政策での不協和音は広がるばかり。
「のぼうの城」でも庶民の生活を一番に考え、民の為に戦った
城主がいかに民衆に愛されたかを説いていたが、あれと同じ。
何のための王朝であり、誰のための政治であるかを
非常に分かり易い平民語(爆)で、切々と説くのには感動する。
同時に、でもそれ難しいよね。とこちら側も理解できるのだ。

後半のクライマックス、どうなるのかはだいたい察しがつくが、
ここでタイトルの意味をしっかり思い知ることになる。
「王になった男」とは巧いタイトルだな、とつくづく思わせる
単なる影武者にこんなことができただろうかと考えさせられる。
韓国も日本も真のリーダーを心から待ち望んでる今だからね。

(鑑賞後のオバ談義が通路でロビーで大炸裂。さすが団体鑑賞)

sean
seanさん / 2013年3月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

王になった男 ネタバレ

とにかく最高におもしろかったです。
映像も豪華で美しくビョンホンさんの演技も圧巻でした。
周りを固める脇役の俳優さんの演技もよかったです。
又観たくなrました。

adouin
adouinさん / 2013年2月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

優れた演出に拍手!! ネタバレ

2時間10分を超える映画なのに・・・最初から最後まで無駄の無い演出と俳優の底力を見せ付けられ 一気に観てしまいました。

音楽もよかった!!冒頭のシーンで王様がいかに多くの人によって作り上げられるか・・を体言 髪を結って、髭をそって、指先まで磨いて~
流れる音楽は「ワルツ」

場面は一転 毒入り?の茶碗を差し出し、毒見役に「飲め!!」と迫る王様

暗殺の恐怖から、うろたえる王 それを諌める忠臣。

そして忠臣をそばに呼んで「見つけたか?」

自分にそっくりな影武者を用意しろ!!との命令

「夜になったら身代わりをさせる・・」と

そして選ばれたのが、影武者である道化師のハソン。

王様と影武者 一人二役を見事に演じ分けたイ・ビョンホンもさることながら脇を固める俳優さんたちの名演技が引き立つ。

笑いどころもちゃんとあって、しかも下層民として生きてきた影武者の
人情味あふれたエピソードの数々に涙。

ピエロのように従いながらも 真の指導者たらんと徐々に目覚めていく
過程がきめ細かく描かれていて、説得力を持つ。

ただ 惜しいのはラストシーン

もっと他の場面でも良かったのでは??

何にせよ ハリウッド映画も最近は90分前後が主流なのに

131分もの長丁場を一気に見せる(魅せる)

この監督の優れた演出に惜しみない拍手を!!

退職ゆうちゃん
退職ゆうちゃんさん / 2013年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い ネタバレ

イ・ビョンホンと聞くと一般的に、かっこつけて立っているイメージを連想させるが、この映画は暴君の怖さと、吉本の笑いの様な体当たり的な笑いの一人二役で始まる。そして最後はその二人が見事に入れ替わるんだが、見ているこちらが「入れ替わりました」シーンが無いのに「入れ替わった」とわからせる、イ・ビョンホンの演技力に感服。同じ人間が見事に二人を演じ分けた瞬間だろう。あれだけ別人に見せてしまう演技はそう誰にでも出来る物ではない。あのエンディング間近シーンだけでも1800円の価値はある。

やま
やまさん / 2013年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

珍作、そして名作。 ネタバレ

韓国時代劇は、どれもシナリオが似たり寄ったりです。
というのも韓国史は日本史と違って、庶民の生活に関する記録がないから書けるのはどうしても王宮の中の出来事だけになってしまいます。だからどの作品も、結局は王宮での権力闘争の話ばかり。当時の人の考え方も儒教一辺倒に凝り固まっているから、時代ごとの変化にも乏しい。儒教は革新や進化を嫌います。織田信長のような急速な合理化を実行した人物が非常に少ないのが韓国史の特徴ですから、それをドラマにしても実にマンネリを起こしやすいジャンルというわけです。
しかしこのことは、韓国人自身が一番よく知っているわけで。
だからそんなガチガチ儒教世界に風穴を開けてやろう、と思い立って作った映画がこの作品なのでしょう。多分。
主人公の道化師は、あくまでも現代人の感覚を持った男です。当時の朝鮮王朝の政治や儀礼、食事、夜の床の間、はたまた大便はどこでするのかということまで、常に現代人の感覚で質問し、観察し、体験します。宦官の小便は立ってするのか座ってするのかという素朴な疑問まで飛び出すくらいです。ははは、そういやそうだ。
そして次第に彼は現代人の感覚から、李氏朝鮮の政治の在り方は明らかに間違っていると確信します。
「事大の礼が民より大事なのか」
これは儒教の教えに挑戦する台詞です。儒教に平等思想や人命優先の思想はありまあせん。つまりこの道化師は、朝鮮王朝の精神的柱である儒教を叩き壊したわけです。
その行動に具体的な説得力を持たせたのは、ビョンホンの演技でした。
一人二役というのがこの映画の最大の売りですが、ビョンホンは恐らくこの映画のために莫大な労力をつぎ込んだのでしょう。光海君と道化師とは、明らかに顔が違っています。メイクで顔のどこかを変えてある、という意味ではありません。顔自体はもちろんまったく同じですが、彼は王の時の顔と道化師の時の顔をまるでアシュラマンのごとく(笑)使い分けています。これがどういう意味かは、ぜひ劇場に行ってお確かめください。
大変素晴らしい映画です。韓国時代劇の中では珍作かもしれませんが、名作です。

ジャワカレー澤田
ジャワカレー澤田さん / 2013年2月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

韓国の大河ドラマをご堪能下さい!韓流ファンには堪らない作品だろうね ネタバレ

イ・ビョンホンが王様とその影武者の2役を演じるという本作に、きっと彼の今迄に無い新たらしい俳優としての一面を観る事が出来るかも知れないと期待して観てみるが・・・
彼が俳優として演技力が無いとは思わなかったが、映画のオープニングシーンの15分程では、この映画の時代に君臨していた王様である光海の暴君ぶりを描いていくのだが、その過程が酷く退屈で、正直嫌になった。
それに次いで、影武者が王に成り替わった当初のエピソードには、とても下品なシーンが有り、観ているこちらの方が恥ずかしくなり、笑えるシーンなのかも知れないが、呆れ果てもう帰ろうかと思っていたが、しかしほぼ満席の観客で埋め尽くされている試写会場を後にするのは気がひけて、ひたすら我慢して観ていた。その試写会場では、大勢のご婦人方が来場していたのだが、彼女達の間からは、同じシーンを観ているにも関わらず、笑い声が漏れ聞こえてくるのだった。始めは笑いのツボが違うのかも知れない原因は、韓国の人達と自分の日本人としての笑いのツボの相違による、国民性の相違からくるもので、自分が馴染めないだけだと思っていたのだが、しかし試写会場におられる多くの御年配の御婦人方にはうけている様に見えるのだった。イギリスやフランス映画などでもセリフの意味は理解出来ても、決して笑えずにシラケテしまう事も多々あるものだが、それは日々の習慣的に経験している事柄の相違から生れる、文化背景の違いに起因しているのでいたし方無い事だ。それはむしろ異文化を理解する上でとても貴重で大切な経験で、役に立つプロセスなのかも知れない。
そして物語は、徐々に影武者であるはずの偽の王様が当時行われていた政治の実態を知り、国の在るべき未来の姿の理想を掲げ、その理想へ向けて、政治に真剣にのめり込んでゆく彼の変化のプロセスを、時にシリアスに、そしてユーモラスに描いてゆくので、私も段々と感情移入して物語へと入り込んでいく事が最終的には出来たのでホッと一安心出来て良かったのだ。
私は邦画及び、ハリウッド映画を中心に映画を観ている関係上、過去には韓国の映画は10
本程度しか観ていないのだが、その映画の多くにはイ・ビョンホンの作品が偶然にも多数あるのだった。こうして本作品を観ていると「JSA」で魅せていた彼の魅力とは異なったやはり俳優として成長した彼の姿を観る事が出来たのは確かだ。
この物語の後半で影武者は、暴君として君臨していた本物の王様よりも、より王様らしい政治を司る事が出来るタイクーンへと成長しているのがとても恰好良く見えてこの映画の見所の一つと言えると思う。そんな3週間程で、立派な政治家へと成長する事など現実的には有り得ない事なのだが、映画なれば、韓国の理想の姿とでも言うべき政治の在り方が描かれているのだろう。
我が国日本とアジアに於ける緊張状態が続いている現在、日本でも、そして韓国もより優秀で、人望のある政治家による政治が行われる日々が一日でも早く実現出来る様に祈るばかりである。この映画を観た人々の気持ちが、異文化圏に対して、徐々に理解を深め相互理解の道を歩む事が出来たなら本当に嬉しい限りである。

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2013年2月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画