ユナイテッド ミュンヘンの悲劇のレビュー・感想・評価

ユナイテッド ミュンヘンの悲劇

劇場公開日 2012年7月7日
4件を表示 映画レビューを書く

色々と制作側の制約が窺える

総合:60点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 上映時間短めの小作品。この事件があったことだけは知っていた。

 前半はまだいいのだが、後半に悲劇をどのようにして乗り越えていったのかという具体的な描写が殆ど無いため、どうにも中途半端な感じは拭えない。特に試合の場面は恐ろしく省かれているのは、会場を借りて撮影する予算がなかったからか。時間を使って選手とチーム運営をしっかりと描かないと、何がどうなっているのかわからないし作品にも登場人物にも入り込めない。時間の使い方や登場人物の誰に焦点を当て物語の何を中心にするのかという配分が良くない。
 演技や質感は良かっただけに、こんなに大切な部分をはしょった短い作品にしてしまったことが疑問。調べてみるとウイキペディアでは200万ポンドの予算のBBCのテレビ用映画とあり、予算でも放送時間でも色々と制約もあったことが窺える。普通の映画と一緒に考えてはいけないようだ。

Cape God
Cape Godさん / 2015年9月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

多くの人に見て欲しい

サッカーは詳しくないのでこの事故自体知らなかった。
短時間で心情を良く描写しているし、全体的にイギリスを感じられる。
飛行機事故のシーンはリアルで飛行機恐怖症になりそう。笑

ゆゆ
ゆゆさん / 2014年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時代色G!イケメン俳優も多数でGG、哀しくても、女性には人気出そうな小作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」こう言う作品を観るのは非常に心が痛む。
若い才能のある、未来のスター選手達が、突然事故死するなど一体誰が予想した事だろう?
人間には、本当に生れながらの宿命があり、それは避ける事が出来ないのか?

徐々に実力と人気を獲得し、ヨーロッパに於いても、準準決勝へと勝ち進んだマンチェスターユナイテッドチームのメンバーを乗せた特別チャーター機が給油後のミュンヘンで墜落事故を起こす。
現在では、こんな危険な整備状態の飛行機で、その上悪天候となれば、この場合にはフライトは中止になると思う。
だが、何しろ50年以上も昔の事だ、こう言った事故は、本当に防げなかったのだろう。

この作品は94分と非常に尺が短く、この手の映画にしては、珍しい小作品であった。

多くの選手を亡くした、このマンチェスターユナイテッドチームが、再び選手を募り、このサッカーチームをまた以前のような人気と実力を持った名チームへと再建させていくプロセスを、映画的にはもっと丁寧に多くのエピソードを盛り込んで描いていくならば、更に厚みのある深い作品に仕上がった筈だ。
そこを敢えて、時間を短縮して仕上げたのは何故だろうか?

それは丁度、このマンチェスターユナイテッドチームが海外遠征に行っただけの理由で、試合の日程の組み換えが出来ないと告げられ、無理矢理チャーター機を用意してイギリスに帰国させようと計画した時の様子のようだ。
もっと、あの時、規則に従う事ばかりを強要しなければ、事故は防げていたかも知れない。
同様にこの作品も、選手一人一人の生活やエピソードを、もっと時間を費やして描いていれば、クオリティーもより上げる事が出来、その結果良い作品に仕上げられたのではないだろうか?
観ていて、後半が凄く端折った画作りになってしまっていた気がしてならないだ。

デビット・テナントを筆頭に、ボビー役のジャック・オオンネルも良い役者だった。
制作費や、宣伝費など多額を掛けられない作品や、安価で輸入した作品の中の多くは、資金不足から、宣伝も金が掛けられない。
その為に、多くのヒットのチャンスを逃さざるを得ない。
残念な事である。それも、これもその映画自体が生れ持った宿命と言うものなのだろうか?
しかし、もしこの世の中に、運命とか、宿命と言うものが本当に介在しているのならば、
私は絶対に、良い映画と仲良く出会う事を願って止まない。そしてあなたにも良い映画との出会いが有る事を祈るばかりだ。是非、映画の神様微笑んで良い映画を教えてくれ!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2013年4月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

豪華役者陣!

内容は言わずもがな、この作品は役者の演技も楽しめる!

ジミー・マーフィー演じるデイヴィッド・テナントは英国の名俳優であり、『ミッション:インポッシブル2』の悪役での演技が素晴らしかったマット・バスビー役のダグレイ・スコットも言うまでもない。

さらに若手俳優も眼を見張るものがあった。その中でも、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』にも出演していたサム・クラフリンはこれからが楽しみな役者であった。

今のイギリス俳優の最高峰が拝めます。

ひろひで
ひろひでさん / 2012年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi