「「野のなななのか」と対になる作品」この空の花 長岡花火物語 ykonoさんの映画レビュー(感想・評価)

この空の花 長岡花火物語

劇場公開日 2012年5月12日
全11件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

「野のなななのか」と対になる作品

関西公開初日に観て以来,その後何回か劇場で観てる.良くも悪くも評判聞いていたが、予想のはるか斜め後ろの虚数倍を行く、もはやフィクションなのかドキュメンタリーなのか、映画なのか。大林宣彦作品らしく好き嫌いはっきり分かれると思うが、これは観とくべき.
CGで何でも可視化できる時代に「声(言葉)」の映画と事実上宣言する潔さ.想像力こそが人の知性として「想像しろ」という強烈なメッセージが,「3.11にショックを受けた」と言って次々に東北にカメラを持ち込んだ凡百の監督たち(e.g. 園子温)とは一線を画している.

ykono
さん / 2015年2月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi