虹色ほたる 永遠の夏休みのレビュー・感想・評価

虹色ほたる 永遠の夏休み

劇場公開日 2012年5月19日
8件を表示 映画レビューを書く

『君の名は。』のおかげで

タイムスリップを絡めた以外は典型的な夏休み少年成長物語ですが、丁寧な作りとアニメーションならではの独特の表現に感動しました。
この作品については全く知りませんでしたが、『君の名は。』パクリ疑惑の記事から興味を持ってDVDで観賞。おかげでなかなかいいものに巡り会えました。

naga1548
naga1548さん / 2017年9月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

手描き感が特徴的!主題歌はユーミン!

”ホタルはね、運命の相手を探すために光をだしているんだよ…”
30年前にタイムスリップした少年の忘れられない夏休み1ヶ月間を描いた作品。

なんといっても特徴は絵のタッチ・手描き感で1カットもCGを使ってないようです。
作品の途中でも斬新な使われ方をされている部分がありそのシーンにはちょっとドンびきするくらいビックリ!

ジャンルはタイムスリップものなのですがいろいろな要素、たとえばカントリーやレトロあり、友情あり、ほのかな恋愛もあり、ちょうど重松清さんの作品とか好きな人はおすすめなのかも…そしてはかない運命と奇跡の感動ファンタジーになっています。

とてもいい作品です。
いろんな世代の人に見てもらいたいです。

ただツボにはまるのはやっぱり35、40歳以上の大人なのかなぁと思います、それだけ主人公たちと同年代である今の子供達は豊かな自然を知らない世代になってしまっているし共感は難しいのかなぁ…

あとひとつ不満をいえばホタルの舞い飛ぶ様子、あーいう光りかたではない!という感想、あれはCGでやったほうがリアリティあったかも(笑)

主人公のユウタのとぼけた感じ、さえ子ののほほんとした感じなどもぴったりでした。
音楽は松任谷正隆さんで特にエンドロールのユーミンの曲は余韻にひたしてくれること間違いなし!

nagisaboys
nagisaboysさん / 2014年4月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

誰の心にも温かく切なく心地良い、昔懐かしい良質のアニメーション

一年前に交通事故で父親を亡くした小学6年生のユウタは、夏休み、父とよくカブトムシを捕りに行ったダムのある山奥へ。突然の豪雨に足を滑らせ、意識を失い、目覚めると、30年前にタイムスリップしていた…。

長き歴史を持つ東映アニメーションが、“あの頃”に浸らせてくれる。
大自然に囲まれた村、友情、淡い初恋、一夏の出来事…。
ベタと言ったらそれまでだが、あの山々の景色、そして物語のキーとなる蛍の群れの美しさを見よ!
誰の心にも、温かく切なく心地良く、郷愁を誘う。

本作はキャラデザインが話題。
良く言ったら素朴、悪く言ったら雑かもしれない。
だけど、その昔懐かしい画のタッチが、作品雰囲気にぴったりと合っている。
ユウタが出会った少女サエコの手を取って走るシーンは、「かぐや姫の物語」でかぐやが疾走するあの印象的なシーンを彷彿させた。
先にも述べた蛍の群れのシーンは幻想的。
リアルな画、斬新な設定、過激な描写が多い昨今のアニメーションの中で、原点回帰のような画や温かさは心に残る。

都会っ子だったユウタが大自然に触れ、友達と無邪気に遊び、かけがえのない経験になっていく。
そんな時知ったサエコの秘密。
ユウタがこの時代に来た理由とは…?

子供たちはやがて大人になる。
しかし、あの時の経験と約束は決して忘れはしない。例え時を隔てても。
今を生きる子供たちと、子供の時の心がまだ何処かにある大人たちへの物語。

アニメ好きでありながら、こんな良質のアニメーションを見逃す所だった。
いつ見てもいいが、特に夏休みに見たい作品。
自然のカブトムシや蛍、最後に見たのはいつだった事だろう?

近大
近大さん / 2014年2月11日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

懐かしい

絵があまり好きじゃないのと、動きに無駄があるかな?でも、ストーリーや映像は良かったです!どこか懐かしくほっこりします。

asuna
asunaさん / 2013年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人の夏映画

目立った宣伝もしていなかったので気軽に見たのですが、とてもいい作品でした。

序盤はありがちな設定、独特な画風で子供向けかなと思いきや、全体像が見え始めえる頃には作品の中に引き込まれていました。

また音楽が素晴らしい出来で、独自の作風と混ざり合い、アニメ映画であることを忘れてしまうようでした。

現実とはかけ離れた部分もありますが、そんなことは関係ねぇ

さえちゃんマジ天使

あるめらさん
あるめらさんさん / 2013年2月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

独特の絵

アニメでやりたいことをやった作品なのでは。

すごく作品、という感じだった。
絵はすごく独特でしたが、全体的には面白かった。

時系列の説明が少なくわかりづらかった部分があった。
子どもにというより大人向きのアニメ。

走っていくところには賛否両論あるみたいだったけど、私はすごく好きでした。

美術館で絵画を満喫した気分だった。

しま公
しま公さん / 2012年5月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ほのぼのと懐かしい

昔にタイムスリップし懐かしい田舎の風景。
特撮なしで映像も昔ながらのほのぼのとしたアニメ。

最近ほたるも見てないし、カブト虫もいなくなったな…なんて思いながら、忘れかけていた何かを思い出させてもらえました。

たろ助
たろ助さん / 2012年5月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

どこか宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のような切なさも感じた。

漫画原作の大ヒットアニメを作り続けてきた東映アニメーション。
かつては「長靴をはいたネコ」「龍の子太郎」など良質の長編アニメ映画も手がけていた。その東映アニメの30年ぶりの長編アニメ映画。
CGは一切使わず昔ながらの手描きで作り上げた本作品、社長はじめ社員スタッフの熱い想いがこもった出来映えです。

2001年の夏休み、小学六年生のユウタがカブトムシ捕りに一人で出かけたダムのある山奥で体験する不思議な出来事。
ユウタは1977年のダムの底にあった村に迷い込んで、村の少女さえ子や少年ケンゾー、おばあちゃんたちに温かく迎えられて、カブトムシ捕りやホタル狩りなど楽しい夏の一時を過ごす。しかし、この村はもうすぐダムの底に沈み、ユウタにも別れのときが来る。
一年前に父を交通事故でなくしたユウタ。カブトムシ捕りは父との果たせなかった約束であり、ホタルも父が昔見たと聞いていたもの。
村の風景が郷愁を誘い、ホタルの群舞の美しさにも心惹かれるが、彼を従兄妹として迎えてくれたさえ子への淡い恋心と悲しい真相に胸が締め付けられ、最後は涙した。原作は川口雅幸氏。どこか宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のような切なさも感じた。

aotokage
aotokageさん / 2012年5月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi