ヘルタースケルターのレビュー・感想・評価 (5)

ヘルタースケルター

劇場公開日 2012年7月14日
124件中、81~100件目を表示 映画レビューを書く

話題性の割には…

率直に…
なんだ、こんなもんかって印象。

後半展開がウダウダしてて、エンドロールがまだかとさえ思った。

この映画で沢尻エリカを初めて観たが(演技力に定評があると聞いたので)、セリフ棒読み?音読会?と突っ込みたくなるくらい期待を裏切られた。

事前に過激と言われていたシーンも、ヨーロッパで生活してれば別段珍しい事でもなく過激でもない。他にもっとストーリーに引き込まれる演技と美貌を持つ女優は古今東西ゴロゴロいる。この映画は観て損した。

Mademoiselle
Mademoiselleさん / 2012年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マンガそのままで助かりました。。。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

パッチギでウルトラ美少女を演じた「沢尻エリカ」さんの復帰策作ということで、応援がてら見に行きました。う~ん。。。エリカ様はがんばっていましたが、やっぱり、監督の力量の問題でしょうか、、、絶叫シーンが多くて、正直疲れる映画ではありました。蜷川監督は、やっぱり、写真で勝負している方が良いかも。映画は、写真と違って、ストーリーベースの動画でメリハリをつけて、クライマックスに突っ込んでいかないとなぁ。。。
最初から最後まで同じテンションで写真的な映像をぶつけられても、、です。
原作はよくできた80年代マンガだと思うので、原作どおりに製作されていた点は救われました。エリカ様お疲れ様でした。あなたはがんばっていました。

mohi2000
mohi2000さん / 2012年8月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すき。

蜷川実花さんがすきですし、エリカ様もけっこうすきなので、1ファンとして観たいと思い
観てきました。
レビューでの評価はイマイチ。
蜷川さんの作品は映像はすごく綺麗だけど正直ストーリーにはあまり期待せずに観ました。
でも私には良かった。
りりこはハチャメチャだったけど実はすごく人間らしい。
実際いたら迷惑極まりないけど傍観する分にはいいスパイスでした。
マネージャーのハダさん?は実は憎んでいたということ?
観ていて腹立たしい性格でした。
世界観がすき。それと強くあろうとする女性しかわかりにくいであろうメッセージも。
すごく蜷川さんらしい映画だと思いました。
やっぱり蜷川さんは前作にしても強い女性を描きたがるんでしょうか?
自身の投影のようですね。
ほかの誰も真似できない世界観大好きです。

meme
memeさん / 2012年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観るには体力の要る映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

沢尻エリカの出演作品はきちんと観たことが無かったので、彼女の演技力に関しては先入観や期待を持たず観たのですが、ちょっと期待はずれでした。
冒頭のサービスシーンやラスト近くの雨の中での絶叫シーンなどは確かに体当たりの演技といったような感じを受けましたが、所々での演技は、少し興ざめてしまうような、役柄として芝居じみたさまを演じているのやらただ演技が追いついていないのやらどうなのやらとぽかんとし、いまいちストーリーに集中出来なくなってしまう場面があり、やはり絶讃とはいかないように思います。

また、映像と音楽に関しては、蜷川監督らしいセンス溢れる色彩におおっ、となる部分がたくさんありました。ビビットカラーの部屋にバスルーム、幻覚に襲われるスタジオなど、幻想的で引き込まれました。
しかし、ずっとそれを見せられるとなると……という感じです。

音楽も、ちょっとチョイスが雑かなあと感じてしまいました。
大音響であんなにながいこと第九を聴かされると、さすがに……。
かつ有名どころのクラシックを後半に詰め込んであるので、個々の効果や意図がいまいち不明ですし、音量も終始大きめでやはり疲れます。

題材自体は素晴らしく、女性ならば誰しもこずえの姿にコンプレックスを刺激され、また考えさせられるものだったと思います。度々出てくるつけまつげやアイプチ、無いと誰だか分からないようなメイクの女性は結構いると思います。それとりりこの整形と、境目は日々曖昧になっているような……。
飽きたらポイの芸能界についての描写は生々しいですが正直言われなくてもという感もあり、どうせならもっと美への執着など女特有のものへの内面的なアプローチが見たかったかなと思ってしまいました。

エリカ様の濡れ場はバッチリでしたので、男性の満足度はなかなかなのでは無いでしょうか。あと女ってわかんねーなーと再確認する意味でも面白いかもしれません。

mozu
mozuさん / 2012年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

*****

沢尻エリカが大好きな私にとっては、結構な期待を抱いて観に行った映画の1つだが、正直微妙…。

AVを観ているのかと思う位に卑猥なシーンが多すぎるし、ストーリーの進行もいまいちよく分からないまま終了。
もやもやばかりが残りました。

蜷川さんの世界観は綺麗で素敵だけど、ちょっとこれは駄作かなって感じです。

*pao
*paoさん / 2012年8月13日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい

沢尻エリカ 久々の出演で話題の映画。
観てビックリ?!
セミヌードのSEXシーン披露、過激すぎます。
それに主人公の破滅型鬼畜設定がスゴイ!
メッセージ性もないし、女性にも理解不能じゃないかな?
誰に向けての映画なのかわからない。
沢尻エリカが主演したからだけの映画。
なんか不快感しか残らなかった。

二重の極み
二重の極みさん / 2012年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議な世界観 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんとなく観た作品なので、先入観は少なかったかも…、

ただそのお陰で開始早々驚かされました。沢尻エリカ、ぬ、脱いどる!!!って。
沢尻エリカは、女から見ても綺麗で、ファンならDVDが欲しくなる、それくらい魅力的。そして演技力も流石、内容と沢尻エリカ自身を度々リンクさせてしまう部分もあったり。

映像も綺麗です、りりこを取り巻く風景は別次元のようだし。
別次元の人なのに、根底で私たち一般人と繋がってる。りりこや検事さん?の言葉、ぐさりとくるものがいくつかあったし…、映像が奇抜すぎて耳を抜けていってしまったのもあるかもしれないけど、、

男友達と観たけど、男女で印象は違う気がします。私はとりあえず、怖かった。美しいから幸せではない、その通りだと思いました。
時代の流れも、美への追求も、衰えに対する恐怖も、女性は誰でもどこか分かる部分があると思います。

最後、エンドロールが終わるまでぼーっと放心状態で、最初に出た言葉は「なんか、凄かった。…疲れたね」でした。

今日良い夢は見れそうにないけど、見なかったら良かったとも思えない、私の中では、そんな映画。

雫
さん / 2012年8月10日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気分悪くなった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

内容そのものは、全然面白くない。 沢尻エリカの多少身体張った演技は まぁ、良くやるなって感じ程度。 映像の移り変わりの激しさと 暗い映画館の中での ものすごいフラッシュ映像に 気分悪くなってしまい しばらく体調が治らず
観たことに後悔してしまいました。 DVDが出ても見ませんね…。 気分が悪くなってしまいがちな方には 特にお薦めしません。

チルミン
チルミンさん / 2012年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すっぴんのエリカ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

沢尻エリカが突飛な言動を繰り返し、もはや復活するのは
ムリだな、と堕ちた時にもメディアは彼女を手放さなかった。
当時はそれがとても不思議だった。何を拘っているのかと。
パッチギ!以来、演技には定評のあった女優だけに当時は
心底もったいない~と思ったが、でも仕方ない。
こんな女優はこれから幾らでも出てくるんだし…と誰もが
エリカ様のマスコミ談議に飽き飽きしていたと思う。
その頃発売されたD・マツコの本には、こう書いてあった。
「この女、きっと2~3年後にはビックリすることやるわよ。」
おやまぁ、本当にそうなってしまった(爆)なんという見識眼!

蜷川実花の作品にはあまりいい印象がない。
色彩感覚には優れていても、ミスキャストと思われる選択や
内容の精彩のなさに、どうも今ひとつだった。が、
今回の作品で正に花開いた感じ。凄い出来映えになっている。
男性陣にとっては見たくもない(爆)アイドルの裏側が赤裸々に
描かれているが、誇張されているにしてもほぼ当たっている?
と思われる描写ばかりだった。今や人間と呼べるアイドルなど
果たしているのか…その、すっぴんの笑顔は整形の賜物じゃ?

体当たりともいえる見事な演技でエリカはそれに応えている。
自身の過去を垣間見るような壮絶な半生を全身全霊で演じて
どうよ!?と云わんばかりの印象を残した。この演技が元で
精神のバランスを崩した、と云われる彼女だけどそれも納得。
よく頑張ったとまだ年半ばだが、主演女優賞を贈りたいほどだ。
…というわけで、エリカ様の完全復活をまずはお祝い。

シッチャカメッチャカ、と云われるだけあって心底えげつない。
ほとんどがエリカ演じるりりこの発する言動に依る変質さだが、
巻き込まれる猛獣たち(爆)ともいえる大御所女優がまた面白い。
寺島しのぶ…まぁこの人もよくやるわ^^;と思う妙演を見せる。
周囲の男たちなど糞溜め(ゴメンね)ともいえる扱いで、
とにかくオンナ、オンナ、オンナ、の醜態とおぞましさに尽きる。
美と若さへの拘りがこれほどまで!?と、私ですらゾッとするが
でも、おそらくこれは本当だ。
ここまではしないにしても(爆)オンナにはこの変質的飢餓がある。
拘り過ぎて自滅するオンナ、あんなにキレイなのに幸せじゃない、
ブスでデブで身も蓋もないオンナが幸せになれるなどあり得ない!
…な~んて、常に思っているのだろう。

歳を重ねることは本当に人間の美を失わせるものだろうか。
幸福で活き活きとしている女性達は皆がモデル体型だろうか。
すっぴんというのは、身も心もありのままを言うんじゃないのか。
不細工なオバサンの遠吠えが自身にこだまする、この作品。

(沢尻エリカのこれからに期待。さらに磨きをかけて女優になれ!)

ハチコ
ハチコさん / 2012年8月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最大のウリは話のタネになる事

この映画は沢尻エリカに対する感情で点数が大きくぶれるでしょうね。私はむしろ人間的には嫌いな方なんですが、スケベ心が勝り、将来DVDが出た時に実用性ががあるかどうか確かめに、などという奥さんには内緒のよこしまな理由で劇場に足を運びました。
結論から言うと、酷評されるほど酷くないけど、絶賛するほどのウリも無いなと。
なんだかんだで沢尻は演技派だし、独特の画面作りはハマる人にはハマるかな。
沢尻エリカの容姿が、どストライクならばDVDを買う価値はあるかも。
それほどでも無い人や、脱ぐはずの無い人が脱いだ事に興味本意で迷ってる方はレンタル待ちして、ご自宅で一時停止しながらゆっくりご堪能する方が良いかも。

最低限、退屈はしませんでしたよ。

ばるすパパ
ばるすパパさん / 2012年7月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

鮮やか艶やか

何かと話題の女優の演技を初見。色も鮮やかだったけど、りりこも艶やかだった。きれいになったから強くなったのか、強いからきれいになり得たのか、若さは美しいが、美しさが若さではないという検事のことばが印象深い。衣装特にインナーがため息ものだったが、メーカーは不明。窪塚洋介がいい男っぷり。メイクの金ちゃんも好き。

あんみつ
あんみつさん / 2012年7月27日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっとやっちゃっても良かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

蜷川節全開というレビューが多かったので期待して行きましたが、全開には疑問です。もっとやっちゃって良かったんじゃないかと思いました。
最初から最後まで溶岩ドロドロ的な映像に期待したいです。

そういう意味では、紀里谷節全開とか提節全開の映像作品の方がクセがあると思います。なので色々と書かれていますが、見やすい映像だと思います。物語もすんなり入ってきます。

挿入曲は微妙でした。沢尻エリカは凄かったです。精神的に参るくらいハマっていたのが伝わります。女優魂感じます。セックスシーンは軽く勃起するくらいのエロさです。ラストの眼帯りりこの超特大パネル発売に期待したいです。

たかしろ
たかしろさん / 2012年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だめだ。

全く退屈な映画。
沢尻が脱ぐから話題に、なったみたいなだけの映画だな~と思った。

有名人のヌード見たいだけのだけが、人が見る映画だと思いました。

タックー
タックーさん / 2012年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美への執念。女って凄い。いい意味でヘビー級! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

破滅的。
退廃的。
堕落的。
そして華麗なる美への執念深さ。

音と映像。
演者。監督。
いい世界観出ていたな。
劇場で見て良かった。
さすが蜷川ワールド。

美とは麻薬。まさにその通りだ。

沢尻エリカ、やっぱり演技派。
ただの女優じゃない。
アンジェリーナジョリーの、Giaって映画を思い出しました。
あの映画も、凄い映画だし、観る人によってはヘビー級だけど、それと同様に今回も引き込まれた。
それと同じ感覚。
女にしかわからない、感覚かな。

はな
はなさん / 2012年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これって映画なの?

原作は名作なのに、映画はストーリーが薄く
沢尻さんのプロモーションビデオのようでした。

見どころはヌードシーンなんでしょうが、個人的に興味はなかったので
「べつに?」って印象です。

たぶんブラックスワンとかを参考にして作ったんでしょうが、
うわべだけなぞった、という印象があります。

もっと内面からわき上がるような
重苦しい狂気に走ったストーリーを期待していました。

セックスシーンも中途半端ですよね。

劇場にただ気まずい空気が流れるだけ。

後半はとてもだれたように思います。
「これエンディング?」ってシーンの
何回か続いて、いつになったら終わるのかなぁ、
とウンザリしました。

劇場でみるよりも、DVDレンタルとかで、
話題のシーンを目当てに見飛ばすのがよさそうです。

X32
X32さん / 2012年7月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

映像は美しかった。

映像はどのシーンも美しいです。
蜷川実花さんがお好きな方は楽しめると思います。
映画としては単調。全てを美しく美しくと撮っているのでどのシーンも同じに見え飽きてきます。そのため、映画の時間が長く感じます。時間をあと30分は短くして頂きたかった。
映画というより沢尻さんの写真集を何冊も見た感じです。
この映画からみえるのは、監督からの「私の写真は綺麗でしょ!」というメッセージでした。

苺シロップ
苺シロップさん / 2012年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

プログラムは一見の価値あり

包帯を解いて出てきたのはミイラではなく、透明人間でもなく、美しい蝶だった。しかし、りりこ=沢尻=事件にフォーカスしすぎて、物語の広がりをせばめてしまったような気がする。原色も監督の個性ではあるが、二度目となれば「さくらん」ほどのインパクトはない。りりこはなぜ全身整形をしたのか。目ん玉と爪と髪と耳とアソコ以外は全部つくりものという、今までの自分を全否定するような整形。それはもはや整形とはいえない。しかも、免疫抑制剤を一生投与し続けなければならないリスク。そんなリスクを負ってまでも整形した、そこんところえぐってくれると、検事もプロダクション社長も整形外科医もからんでくる。検事のうんちくも言いっぱなしじゃなく裏がとれたかもしれない。セックスとわめきだけではもったいない。けっきょく、最後にいちばん幸せだったのは、りりこを独占できた羽田ちゃんかもしれない。

ace
aceさん / 2012年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

悲鳴と嬌声

厳かなクラシックときらびやかな毒々しい色合いのファッションはよく合う。

惜しみなく各社に協力を仰ぎ、
すべての小物一つ衣装一つに神経を行き渡らせることで、
りりこが嘘っぽく見えず本物のカリスマモデルのようでした。
綺麗なファッションや眩しいフラッシュに纏わり付かれて窒息しそうな彼女、
りりこは強烈な存在として頭に残ります。
好き嫌いは別にして。

羽田ちゃんが持つ感情は恋愛感情ですが、りりこは寂しさを紛らわせるための暇つぶしに近い何かです。
しかし、りりこは何も持っていないので(そう信じ込んでいるので)りりこには羽田ちゃんしかいません。
最後は羽田ちゃんがいないとダメなりりこと彼氏にとって幸せな形。
三人で幸せに暮らせますね!

多くの誤解を持ちながら一番深くりりこを理解している。
真の愛情が誤解にまみれているのもりりこらしい。
立ち止まることが出来ないりりこを支え続ける。

この映画は、断じて家族向けではありません。
デートにも向かないでしょう。
友達と行くのも気まずいだろうと思います。

美術館に行っても退屈しない人
きれいなものを見るのが好きな人、が多くのベッドシーンに飽きず、楽しめると思います。

いずる
いずるさん / 2012年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

目と耳が疲れた…… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主役沢尻は適役、まぁハマリ役と言ってもイイと思う。
マネージャーの寺島しのぶが、下僕のようにあそこまで担当のりりこに陶酔するかのごとく付いて行く……ちょっとそこまでの納得いくものは描かれてなかったなぁ。
監督の蜷川さんは写真家なわけだから、画像としてはそりゃあ綺麗だと思うけど、皆さん言うように活動写真集で終わってる。
たしかに画面は綺麗。だけど、次から次へと音楽でゴリ押ししてきて、伝わる前に目と耳で疲れてしまったという感じ。あくまで映像なんだから、『色・音楽を最大限に駆使して役者の顔・台詞・スタイル(衣装)でわからせてくれる』のが映画でしょ?
だけどこれは『色・音楽』のみを最大限に駆使しただけに思えた。沢尻は可愛いし上手いのに、もったいないね。
コミックと違い、映画の記者会見のシーンで目ん玉をえぐるわけにはいかないとは思うけど、一番衝撃的で、だからこそ作者が一番訴えたいであろうものがあれでは伝わってこないと思ったのは私だけ?
それ故にラストの見世物小屋でこそつながってくるストーリーが、奇抜なファッションの女優の楽屋の風景で終わってる。整形って怖いなで終わってる、だから伝わらないになってない?
好みはあるにしても、明らかに担当部署の違いを蜷川監督に感じました。
蜷川監督、めちゃ辛口でごめんなさい。でもこれが正直な視聴者の一意見(あるいは大多数かも)です。それだけ期待値が高かったということの裏返しなんです。違う監督で観たかったし、もっと深く納得させてくれる脚本だとよかったな。

ご近所はっとり
ご近所はっとりさん / 2012年7月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

損した感じ

沢尻エリカのヌード以外に見所なし。
スト-リ-もわざわざ何回にしているし、蜷川実花の映画だからか、原色使いがやたら多いし…。
劇場では周りからいびきの音が聞こえてました。
私ももう少しで睡魔にやられるところでした。
最後のオチも今ひとつ。
わざわざ劇場で見る価値まではあったかどうか?

thisisit
thisisitさん / 2012年7月23日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  難しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

124件中、81~100件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi