ファイナル・ジャッジメントのレビュー・感想・評価

ファイナル・ジャッジメント

劇場公開日 2012年6月2日
23件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

オウラン人民共和国に ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いきなり日本占領されると言う突飛な内容。
宗教ネットワークで日本を解放していく。
政党のプロパガンダ映画としての役割は充分果たしていると思うが無料で見せている話もある位だから、興行でやりきるつもりはなかったと思う。
ただ、あのやり方で世の中が救われるとは到底思えないし、このやり方で見せると信者の方ばかりになるのでは?

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年3月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通に観れたよ。

何だか変な気構えをして観に行きましたが普通に観れました。
本当に近未来にあってもおかしくない出来事であり、僕も考えさせられました。
家族との絆、親友との絆なども描かれており何だか泣ける出来です。

一つ言うならCGで悪魔を出す必要があったのかということですかね。?

郡家のMN
郡家のMNさん / 2013年1月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シンプルに良い映画かな

ストーリー、内容はシンプルだが、素直に良い映画かな。泣けるところもあるし、社会的メッセージもある。宗教がつくったらしいが、テーマは万国共通、特定の宗教ではなく、「要するに人間にとって大事なものってこれでしょ!」って感じの、「同感です」って言える映画ですね。主人公や他の出演者も好感度高く、や~若いのに良いこと言うなぁ。まだまだ日本も捨てたもんじゃないなぁ と素直に感動したお勧め映画です。
(特定の宗教の宣伝には見えませんでしたけど、過剰反応じゃないですか)

tosta
tostaさん / 2012年6月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

安直すぎるラスト ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「幸福の科学」が制作した映画と言うことで、一種「怖いものみたさ」感覚で観に行った。

 冒頭「未来維新党」の選挙演説で主人公が「隣国(オウラン国)がいかに危険か」を訴え、「危機感を持ってその時(侵略)に備えよう」と説くところは、政治映画のような感じだったが、その後突如侵攻してきたオウラン国に日本は易々と占領されてしまう。ただこの部分は自衛隊との戦闘シーンもなく、政府が受け入れた描写もなく、あまりに説明不足である。

 私は数年前の中国で反日デモが吹き荒れた時、新聞で参加者の一人が「原子弾滅日本」と書いたプラカードを持った写真を見て「少なくともこの若者は本気でそう思っているのか」と少しショックを受けたが、本当に撃ってくるなどとは思っていない。

 オウラン国は宗教を認めておらず、各宗教の関係者は次々弾圧される。その後主人公はレジスタンスに加わり抵抗運動を始めるが、様々な出来事や出会いを経てより強い信仰に目覚めていく。

 映画の中では宗教の素晴らしさや必要性が描かれ、「世界中でテロや天変地異が頻発するのは、人類が信仰心を無くした結果だ」みたいなことが言われるが、天変地異はともかく現在のテロの大部分は宗教的対立がそのバックボーンにあるのだから、説得力はない。

 後半はレジスタンス運動が「主人公の素晴らしい演説を世界中に発信する」ことに置き換えられ、オウラン国兵士の厳しい(?)監視の目をかいくぐり、成功する。ラストの演説は「世界は一家、人類はみな兄弟」、「大いなる神の愛を受け入れて平和な世界を築きましょう」みたいな、まるで学生演劇のような耳触りの良さである。それをオウラン国の兵士はおろか、世界中の人々も頭を垂れて受け入れて、地球は平和になりました、みたいなテロップでめでたく終わりとなる。

 演説の中身は正論で、誰も反論はできないだろうけど、こんなありふれた演説ひとつで皆が争いをやめるなら、戦争なんかとうの昔になくなっている筈で、全く深みが感じられない(大川隆法はこの主人公に自分を投影しているのだろうと思うけど)。

 多分「幸福の科学」信者以外の人がこれを見ても、あまり得るものはないのではないか。

tochiro
tochiroさん / 2012年6月11日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

テーマ性は良く、メッセージは伝わって来て悪くは無い!されど映画の出来としては最悪 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この映画は、ある新興宗教団体が近未来の日本の姿を予言し、今のままで、日本人の意識が少しも変化しないで、この間の状態で、今の生活を継続していたなら、日本はきっと他国に軍事的に支配され、植民地化されてしまうと言う日が来ると言う事を、1つの可能性として有り得る事だと、これからの日本に起こり得る可能性の一例としての世界観を描いている。これは平和ボケをしていると言われる我が国日本で、今の政治状況を観ていれば、何処かは解らないが、他国に軍事支配されてしまうと言う事も確かに1つの可能性としては決して有り得ないお話で有り、根も葉も無い妄想と笑い飛ばす事などは出来ない近未来の姿であると思う。
しかし、冒頭のシーンの後の選挙事務所でのシーンなど、高校生の演劇部(決して高校生が悪いと言っているのではない)の芝居を見せられている様な、演技慣れをしていないキャリアの無さそうな、下手な芝居を見せられるのには全く開いた口が塞がらない!
そして、軍事侵略を受けた日本、東京渋谷の街の上空を他国の軍用機が大爆音と共に低空飛行するシーンも迫力が有り、これから、どんな事が起こるのかと期待して画面を見つめると、その後は殆んど、強制的軍事支配による日本人弾圧シーンなどは殆んど無い。
これでは、いくら近未来の姿を描いているだけの事で、現実の事では無いのだから、どんなに凄惨なシーンを描こうとも観客の人々は、映画は映画であり決して人々は、現実の出来事で無い作り事なので、リアリティーが無くても良いし、その様な悲惨なシーンは不必要で描く事など無いと作者は考えているのかも知れない?が私はそうではないと考える。
映画の描く映像世界の劇中では、これは実に起こっている出来事なのだから、日本人の10分の一位の人々が惨殺されてしまう様なシーンが有っても不思議ではない。近未来ディザスター映画として描くなら、「ザ・ウォーカー」の様に廃墟と化してしまう街や、捕えられ拷問を受け、殺されてしまう人々が出て来なければむしろ不自然である。

話は変わるが、宗教と映画は決して水と油では無い。映画の中で表現され、近未来や或いは救世主や、或る宗教の開祖の伝記映画などはこれまでにも多数映画製作されて来ているので、この様に「ファイナルジャッジメント」と言う映画が製作される事は決して悪い事では無い。以下にこれまでに描かれて来た宗教絡みの映画の一部を列記したい。「天地創造」「十戒」「ベンハー」「最後の誘惑」「偉大なる生涯の物語」「ジーザース・クライスト・スーパースター」「パッション」「ミッション」「野のユリ」「聖処女」「ジャンヌ・ダルク」「聖メリーの鐘」「我が道を往く」「ダヴィンチ・コード」「尼僧物語」「マザーテレサ」「ルルドの泉」「ブラザーサン・シスタームーン」「司祭」「フランチェスコ」「汚れなき悪戯」「ドグマ」「父帰る」「処刑人」「エクソシスト」「オーメン」「キャスパー」「ザ・メッセージ」「ブッダ」等々多数ある!
もし本当に、軍事支配が起これば、先ずこの様な映画を制作すると言う言論の自由が奪われるのは確実の事である。今の日本はまだまだ世界的に他国と比較するならば、人々の自由が保障されている素晴らしい国である。人々は人それぞれに役目を持って誕生して来た
と言う考え方も決して可笑しな話では無い!
むしろ、「がんばろう!日本」「目覚めよ日本人!」「立ち上がれ日本人」とエールを送っているこの映画は決して予想していたより悪くは無い作品だった。自分らしく自己の役割に立ちかえり、自己の人生をより良いものする為に、真剣に生きようと言うメッセージは力強くて良い!
日本にも、自己の利権の欲に凝り固まった政治家ばかりでは無く、もっと国民の生活の安定を図り、国民にとって暮し易い国日本を、我が国日本の復興を推進してくれる良き政治家の出現を願って止まない。しかしその政治家を選出するのは、国民だ。
その国民一人一人である私達が、決して自己を過小評価せずに、自己の役割を認識し、責任有る行動をして、自己の人生を大切に生きていかなくてはならないとこの映画を観て考える。
この映画のテーマ性は、やはり大きいし!メッセージとして決して悪くは無かった。しかし映画として表現方法が中途半端である事はとても残念な作品だった。

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2012年6月9日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

四歳の男の子と・・

四歳の男の子を連れて行ったのですが、最期までしっかり座って見れたのが意外で驚きました。終わったあと、興奮気味に主人公がカッコいい!!と言っていたのも印象的でした。(なにか主人公のモノマネもしてた)そんなに〜?
大人から見ても結構怖いシーンもあったのにビックリです。

私は、もう少し映画の上映時間が長ければ、ストーリー的にも入り易く、役者の演じる人物をもっと愉しめたかなと感じました。物語も配役も設定は良いのに、ちょっともったいない。
ある意味、時間が短く感じるほど、盛りだくさんでテンポが早いのかも。
テーマに現実味があるので、つい嫌な感じに集中して見てしまいます(笑)。
しかし、観賞後の感じは、爽やかで、悪くないです。
最後の英語の音楽が秀逸、カッコいい。

3646
3646さん / 2012年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

ブラボー!ファイナルジャッジメント

日本が他国に侵略されるという設定。今の日本人全員に見てもらいたい内容。アクションシーンでは海東健が超かっこいい!!ファンになりました。エンディングの歌もよかった。是非買いたいと思います。
最後は心に染み渡り、最後のエンドロールが終わるまで、席を立てませんでした!もう一度みたいです!!

gakusan
gakusanさん / 2012年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣ける!!

いや~泣ける映画でした。

初日に2回観たんですけど、2回目の方が何故か感動しました。
涙ボロッボロです。

本当に大切なもののために自分の命をかける登場人物達の姿に、後半涙が止まりません。

2回目を観終わった後は、座席に腰掛けたまま、しばらく放心状態でした。

私は今まで観た映画で一番感動して泣いたのが、スピルバーグのシンドラーのリストだったんですけど、ついにそれを越える映画が出たと思いました。

英語のテーマ曲も凄くいいです。全米ヒットチャートトップ10にでも入りそうな感じがしました。

お勧めの映画です。

Sdatta
Sdattaさん / 2012年6月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

純粋に泣けた。

なぜだかわからないが、
涙が出てきた映画でした。

普通の感動ものの映画のように
泣けるというわけではないが、
何か違うもの、胸の奥にジーンと
響くものがあった。

今の日本の政治家、政府をみていて
あり得ない話ではないと思った。

映画のタイトルもまた、
ファイナルジャッジメント
というので、今、日本人が
気づかないといけない内容なのかな
と考えさせられる映画でした。

あと、個人的には途中で流れる曲が
好きでした。

meron
meronさん / 2012年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

予想以上

TVCMの「日本占領」が気になって観に行った。

ストーリー展開が予想外の連続で引き込まれる。

ラストシーンでは感動!不覚にも涙が流れた。

最後の音楽も良かったし、何か心に残るいい映画だ。

akasaka
akasakaさん / 2012年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

革命映画

政治に興味が無い方は、見た方がいいと思います。
今のアメリカの経済と日本の政治体制を考えたら、軍事費用をかけなくても簡単に占領されると思う。

トクトク
トクトクさん / 2012年6月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感動した

この映画を見て、日本は本当に危険な状態にあると感じた。
日本人は本当にこの危機を気付かないといけない。
この危機を乗り切るためには、神への信仰は欠かせないと思った。

Hide-chan
Hide-chanさん / 2012年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

2回泣けた

友人がエキストラに出ているとのお誘いでチケットいただいて見に行った。
宗教映画なので全く期待していなかったが、思ったより良かった。
車の追跡シーンは駄作かな、ハリウッドの名場面に慣れているのでまったく物足りなかったが、最後のシーンでなぜか、泣けた。共感してしまったのかも?
主役の救世主?より脇役の親友のほうがかっこよかったと思うのは私だけだろうか?なんだか救世主頼りなく感じた。
映画が終わり誰も席を立たなかったので帰ろうとすると、強烈な音楽がかかった。これが良かった。音楽ヒットするかも。友人のエキストラは最後までわからなかった。

チーターパン
チーターパンさん / 2012年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

漢の友情に泣けたww

政治の映画みたいで、最初「わかるかなぁ」と心配でしたが、観ていて自分が投票する時に「ちゃんと考えないといけないかも?」と思いました。

途中、男同士の友情の場面が泣けちゃいましたぁ。

あと、父親との葛藤の場面も自分とかぶる面があって、考えさせられました。

宗教で作った映画だそうですが、素直に観られるものだと思いました。

doriana
dorianaさん / 2012年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

これが現実なら。。

これが現実に起こったら。。?
いろんな意味で興味を持って、観に行きました。
渋谷が舞台となっていて、リアルな映像にゾッとしました。
今必要なのは、人と人、国と国とが、お互いに信じる事が出来る
共通の信仰?神の存在。。?
よくわからないけれど、確かに何か、必要な考え方というか、
お互いに理解し合って、お互いが幸せになる為の何かを世界は求めているのかも。。
最後のシーンがよかった。
なんか素直に感動した。

Ramram
Ramramさん / 2012年6月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

いやー泣けました。また見たい

はじめは独裁政権下の怖い映画なのかと思っていたら、こんなに泣ける映画だったとは。。。
両親との再会、父と子の愛など、泣けるシーンが随所にありますが、私は最後の演説シーンも胸に来ました。
よくよく考えると、宗教と政治、国防と人類愛といった難しいテーマを昇華する思想が感じられる映画でした。

Liddell
Liddellさん / 2012年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

すごく良かった!

今日、見に行って来ました!この映画、新聞広告で気になって行ったけど、すごく良かったです。感動したな。なんか現実とリンクしている部分があって、考えたことなかったけど、日本が他国に占領されたりしたら、絶対いけないと思ったし、友情とか親子の愛とか大切なものは、国や民族、時代が変わっても共通だなと考えさせられました。なんかすごいい映画だったと思う。

rainbowsky
rainbowskyさん / 2012年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

邦画の中ではけっこう面白かった

人物描写がよくて親子や友達関係のところで泣いてしまった。前半はテンポよくストーリーについていくことができたが、途中からちょっとだれる。宗教的な内容でわからんと思うところも。
もうちょっとリアルに表現したら?とつっこみたくなるところはあったけど、全般的に楽しめた。

日本侵略なんてテーマで映画をつくるなんて、中国から批判されそうだが正しいと思う面がある。その勇気は評価したい。

saotama
saotamaさん / 2012年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

期待以上だった

感動で泣けた。もう一つ、今の日本の思想と政治が売国的で、国を壊しつつある現実を考えさせられて泣けた。
期待以上だったので、来週、もう1回みてもいいかな。

ロンち
ロンちさん / 2012年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

警告されてるみたい

面白かったですよ
今の日本とお隣の国を揶揄してるみたいで、考える事多かったです
ウイグルのお話も最近聞きましたが、「あり得ない」がありえないような
気がしてきた・・・・骨抜きにされた日本人の危機感のなさを
この映画がおしえてくてるみたい

ユウタロウ
ユウタロウさん / 2012年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

23件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi