ある秘密のレビュー・感想・評価

メニュー

ある秘密

劇場公開日 2012年4月21日
1件を表示 映画レビューを書く

なんといってもセシル・ドゥ・フランスの美しさ

思わぬ拾い物の一本。

第二次大戦下、ユダヤ人の両親の
秘められた過去、禁断の恋を
二人の子ども、フランソワの眼を通して語っていく

強烈かつ情熱的な
ラブストーリーであると同時に
ユダヤ人として生きるか、
フランス人として生きるか
戦争、迫害という極限の状況で
究極の選択をせざるを得なかった
家族の人間ドラマでもある

現在をモノトーン
過去をカラーという描き分けも
意表をついてユニークだが
(普通は逆だろう)
内気な主人公フランソワ少年が
こころで空想する兄の存在が
両親の過去を遡っていくうちに
現実であったと徐々に
わかってくるあたりの描き方も秀逸

そのうえでなんといっても
セシル・ドゥ・フランスの美しさ
素肌を魅せるシーンが多いが
(濡れ場もしっかり)
彼女の持つ凛とはりつめた肉体美
神々しいまでのエロティシズムは
アメリカや日本の、当代の女優には
のぞむべきもないものだろう

めずらしくお気に入りの女優になった

梅薫庵
梅薫庵さん / 2012年5月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi