「母の憤りの底にあったもの」臨場 劇場版 グッドラックさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「臨場 劇場版」 > レビュー > グッドラックさんのレビュー
メニュー

臨場 劇場版

劇場公開日 2012年6月30日
全25件中、19件目を表示
  •  
映画レビューを書く

母の憤りの底にあったもの

検視官の枠を超えて事件に関わっていく倉石が担当するのは、過去の事件に端を発していると思われる殺人事件、彼の強烈な個性に圧倒されました。
冒頭から衝撃的、ドラマ未見ですが置いてきぼりな感じはありませんでした。

我々一般人も刑事裁判に関わる可能性がある今、判断のとても難しい事件を取り上げ、検視や鑑識による客観的な証拠の読み解きは興味深かったです。娘を亡くした母親の激しい憤りの底にあったものに触れ、胸が熱くなりました。

少々長いと感じてしまったのは、役者さん上手いし映像だけで充分と思う事の、台詞説明がちょっとくどく感じてしまったからでしょう。でもそこが番組の味なのかな。

グッドラック
さん / 2012年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi