グランド・マスター
ホーム > 作品情報 > 映画「グランド・マスター」
メニュー

グランド・マスター

劇場公開日

解説

「ブエノスアイレス」「花様年華」のウォン・カーウァイ監督が初めてカンフーを題材に取り上げ、ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家イップ・マンの物語を描く。1930年代の中国。引退を決意した北の八卦掌の宗師(グランドマスター)・宮宝森(ゴン・バオセン)は、一番弟子の馬三(マーサン)と、南の詠春拳の宗師・葉門(イップ・マン)を後継者の候補と考えていたが、バオセンの奥義を受け継ぐ娘の宮若梅(ゴン・ルオメイ)も自ら名乗りを上げる。しかし、野望に目のくらんだマーサンがバオセンを殺害。ライバルでもあるイップ・マンに惹かれていたルオメイは、その思いを封印して父の復讐を誓い、後継者争いと復讐劇は複雑に絡みあっていく。出演はトニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェンら、香港・中国・台湾のスターが集結。

キャスト

作品データ

原題 The Grandmasters 一代宗師
製作年 2012年
製作国 中国
配給 ギャガ
上映時間 123分
映倫区分 PG12
 

インタビュー:グランド・マスター

トニー・レオン、トップの地位に甘んじることのないたゆまぬ努力
グランド・マスターのインタビュー

並大抵の努力ではトップに立つことはできない。その地位を維持するとなれば、いかなる方策があるのか想像すら難しい。だが、トニー・レオンは50歳を前にして自らに過酷な試練を課した。カンフーの完全習得。盟友ウォン・カーウァイ監督との7度目のタ...グランド・マスターのインタビュー

関連ニュース:グランド・マスター

グランド・マスターの関連ニュース

映画評論:グランド・マスター

美貌の男女が繰り出す美技と痛いほどのロマンティシズム
グランド・マスターの映画評論・批評

100年経ってもわたしは美しい――「グランド・マスター」に出てくるチャン・ツィイーの顔は、無言のうちにそう語っていたような気がする。チャンはひるまない。チャンは無疵の磁器だ。身も心も難攻不落。こんな表情のできる俳優は、日本にはいない。...グランド・マスターの映画評論・批評

映画レビュー:グランド・マスター

平均評価
2.9 2.9 50 (全37件)
  • 再編集版を希望! カンフー映画に特別な思い入れもなく、これはあくまでもウォン・カーワァイの新作として観たので、ウォン・カーワァイがカンフーを撮ったらこうなるという意味ではとても説得力のある、納得の出来。 あくまで... ...続きを読む

    arakazu arakazuさん  2014年7月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 話も画面も焦点が合っていない作品。 酷かった。 まずアクション全般、酷かった。 様々な流派が入り乱れて闘う本作。 流派によって型が違うため流派の組み合わせでシーンの個性が出て飽きない…はずなんですが。。 全編通して、ズーーーッと同... ...続きを読む

    Opportunity Cost Opportunity Costさん  2014年5月23日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • チョット残念 もっとカンフーシーンがあるのかと思ってたから、あまり無くてチョット残念でした(T_T)映像はとても綺麗でした! ...続きを読む

    asuna asunaさん  2014年3月25日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • グランド・マスターのすべての映画レビュー
  • グランド・マスターの映画レビューを書く

他のユーザーは「グランド・マスター」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報