メゾン ある娼館の記憶
ホーム > 作品情報 > 映画「メゾン ある娼館の記憶」
メニュー

メゾン ある娼館の記憶

劇場公開日

解説

20世紀初頭パリの娼館で生きる女性たち姿を華麗な映像美で描き、2011年・第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にも出品されたドラマ。20世紀初頭の華やぐパリ。ひときわきらびやかに輝く高級娼館「アポロニド」の裏側には、女たちの人知れない孤独や苦悩が渦巻いていた。娼館一の美人だったマドレーヌは男にだまされて顔に傷を負い、常連客に本気でほれ込んだジュリーはいつか外に連れ出されることを夢見ている。しかし、娼館と女たちを取り巻く状況は次第に変化していき、アポロニドは閉館を余儀なくされてしまう。

作品データ

原題 House of Tolerance
製作年 2011年
製作国 フランス
配給 アットエンタテインメント
上映時間 125分

受賞歴

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ベルトラン・ボネロ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全4件)
  • 動く絵画のよう 衣装、アクセサリー、壁紙、ピアノ、それらが登場人物の物悲しい雰囲気に見事にマッチしていて美しかった。 シーンそれぞれが、まるで絵画。 このような女性が多く登場する話って 嫉妬や嘘が渦巻く世界とし... ...続きを読む

    悠里 悠里さん  2017年1月21日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい時間 作品としてとてもよかった。 これは売春について、風俗について問う映画ではない。 買う男、買われる女の狭いくくりで見る映画ではない。 女はいかなる場合でも、愛を探す生き物だということ。 愛に従順な... ...続きを読む

    ぴのうえ。 ぴのうえ。さん  2017年1月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 西洋画みたい。 衣装が素晴らしくてアールヌーボーの絵みたいな女性を実写で観られる映画。女体を美術品として扱えてると思う。 遊郭だと女同士の小突きあいみたいのが多いけど、この映画では女性同士が身体を売ってることを... ...続きを読む

    スベスベマンジュウガニ スベスベマンジュウガニさん  2016年3月26日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

メゾン ある娼館の記憶 メゾン ある娼館の記憶
メゾン ある娼館の記憶 メゾン ある娼館の記憶
2016年5月13日 2016年12月5日
¥324 ¥590
ビデオマーケット GEO動画
ポイント制 初回14日間無料

他のユーザーは「メゾン ある娼館の記憶」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi