スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3Dのレビュー・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D

劇場公開日 2012年3月16日
22件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ここから始まった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

古参からのファンの中にはCGの使いすぎだ、や違う世界観だといった批判があるのも納得はできる。しかし共和国崩壊前のストーリーであるからそれは仕方なかろう。

ストーリー面ではアナキンが運命に揺り動かされるところがシリアスに描かれていたのはとても良い。ポッドレースが長いところが少々気に食わんが、その後のダースモール戦は誰もが驚いた事だろう。なおこの際ジャージャーの事については語らない。

∀S∀W
∀S∀Wさん / 2018年2月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

6から迫力がグンと増し、バックグラウンドが垣間見る。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

Ⅳ,Ⅴ,Ⅵに続き、Ⅰを拝見しました。

とにかく、迫力抜群で度肝を抜かれました。
パッドレースでのレースシーン。
ダースモールとオビワンのアクション。
興奮が止まらない、2時間でした。

アナキン・スカイウォーカーが、無垢な愛らしい子供から、未来のダースベイダーへと如何に変貌していくのかが、痛ましくも気になります。
また、ケノービがこのようにして、アナキンを稽古づける事になったバックグラウンドを知り、涙が止まりませんでした。

Ⅱ,Ⅲも、とても楽しみです‼︎

Usaku
Usakuさん / 2017年8月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とにかくかっこいい! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ユアン・マクレガーが演じるオビワンが
本当にかっこよかったです❤️
ダース・モールとジェダイが戦うシーンが
個人的に1番好きなシーンだと思います。
音楽も最高!

Martha_Cantabile
Martha_Cantabileさん / 2016年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

シリーズ

シリーズで一番好き!
3Dは一番これいい

ノム
ノムさん / 2016年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さすがだわ

何度見ても飽きない!ほんとこの世界観すきだわ

たろー
たろーさん / 2016年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐れは怒りに、怒りは憎しみに、憎しみは苦痛へ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」
(ジョージ・ルーカス監督)から。
物語の中で(誰の台詞か忘れてしまいましたが・・(汗))
「恐れは怒りに、怒りは憎しみに、憎しみは苦痛へ」というフレーズがある。
「スター・ウォーズ」のどの作品にも使われる
「恐れ・憎しみの感情を持つな。冷静に、心静かに」という考え方は、
小市民の私には、分かっているけど、なかなか実践できない、
とても難しい問題だと思っていたから、この考え方に出会うことで、
ほんの僅かであるが、何かを「恐れる」ことが、
どれほど自分を苦しめることになるか、分かった気がする。
今まで、人間だから、喜怒哀楽は仕方ない・・と自分なりに割り切っていたが、
「恐れ」を持つことが「怒り」になり、最後には「苦痛」になる。
それがやがて「ストレス」へと繋がり、がん細胞でも誘発する、と考えたら、
諸悪の根源である「恐れ」を感じないような生き方を目指そうと思った。
実は「「恐れ」は、悪いことだと考えたことはなかったが、
たしかに「恐れること」は、その相手に対して「怒り」へと繋がる。
そして、怒りをぶつけるところがなく、そのやり場に困り「憎しみ」へと・・。
「恐れ」という、目に見えない敵と戦うよりも、
「何事にも恐れない」という精神を鍛える方が、健全なのかもなぁ。(笑)

shimo
shimoさん / 2016年2月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4〜6と比べてのCGの発展に感動。 アナキン可愛い

4〜6と比べてのCGの発展に感動。
アナキン可愛い

わっきー
わっきーさん / 2016年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SWの勉強してから見たら、面白い!

SWシリーズの全体像をつかんでから観ると、内容が良く理解でき、とても面白かった。以前、全く知識ナシで観たときには退屈だったのに。設定の奥深さに、心酔してしまいました(°∀°)

サケビオース
サケビオースさん / 2015年8月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

惜しむらくは

赤鬼ダースモールをep2でも見たかった。

kyfurukawa
kyfurukawaさん / 2015年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待してたんですけどね・・・

ルーカスがスターウォーズを3Dに!ってことで期待してたんですけど
3Dはほとんど実感できませんでした。

パンフレットでルーカスが「子供たちも観るから健康を考えて3Dは控えめにした」ってなこと言ってたけど、それならなんで3Dにしたの?

クローンの攻撃以降はもう観に行きません。

☆1つは作品に対してではなく、3D作品として見た場合と「お金大好きジョージ」に対する評価です。

追記 観に行くまでもなく2作目以降の制作が中止になりましたね、
流行に乗っていい加減な作品作ってるバチが当たったのかな。

りっさん
りっさんさん / 2012年9月25日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スクリーンで見られることが重要

3D効果は正直いまいちでした。ポッドレースのところなんて、これ以上3Dに適しているシーンはないくらいなのに…。

やはり旧作の3Dコンバートはこれくらいが限界なのかなあ…と思ってしまいましたが、どうなんでしょうか。

しかししかし、何より重要なのは、いま再び「スター・ウォーズ」を映画館のスクリーンで見られるということ。しかも自分は日劇で見ましたから。日劇でスター・ウォーズが見られる。それだけでもう、十分なくらいうれしい出来事です。

α
αさん / 2012年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3D

作品自体は変更ありません!!
3Dになったというものですが、特に3Dにする必要はなかったのでは・・・・。
しかし、3Dになったということで臨場感は少し向上したと思いました。

渋谷有貴
渋谷有貴さん / 2012年4月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高!!

ジョージ・ルーカスは3Dを控えめにしたと言っていましたし実際3Dはほとんど感じなかった。なのでこれはファンが大画面で観るための映画ですね。
途中退席したって人もいるみたいですが、それはファンじゃないってこと!
ファンにとって大画面、迫力のサウンドでスターウォーズが観れるのはたまらないはず!
ファンは絶対観るべし!!

おかけん
おかけんさん / 2012年4月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファンにはたまらん

ストーリーはご存じの通り。
何の変わりもなく、知ってるストーリー。
元々CG自体が艶っぽかったので3D感が少なかったかも。
ものすごく飛び出るのではなく少し飛び出る程度かな。
CGという点では評価が低いかもしれません。
3Dにする必要性はあったのかと問われると…。

とにかくでっかいスクリーンでスターウォーズが観れたことに大満足!
私にとってはこんな3Dで十分。
いいんですwww

それにしてもオビワンの戦闘はちょっといまいち。
Ⅲの時はかっこよくなっているのに…練習されたんでしょうね。

うさりーな
うさりーなさん / 2012年4月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3Dはいまいちだが、物語は最高!!

今回は少し、がっかりした作品でした。
3Dに期待してましたが、あんまり3D効果は、ありませんでした。
だが、しかし、大画面で見たからやっぱり最高の作品でした!!
3Dなんか忘れてそのまま見ちゃえって感じで見れば楽しいはずです。

ちなみに私は、ユナイテッドシネマ豊洲で見ました。

映画tarou
映画tarouさん / 2012年4月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

改めて見たら、セルフオマージュ

正直、3Dの効果はよくわかりませんでした……。
が、見始めたら熱中してました。

エピソード1は結局のところ
オリジナル3部作に自らオマージュを捧げた形なんですかね。
(そういえば、エピソード3のパンフレットで新旧3部作を比較してた!)

おもしろいっちゃおもしろいケド、
何度も見たいと思うのはオリジナルのほう。
別に3Dにコンバートしなくていいから、大スクリーンで見せてほしい!

ophelia
opheliaさん / 2012年3月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やはりオビワンはかっこいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

3Dは連続的な奥行きを感じるというよりも、飛び出る絵本のような凸凹した印象です。最近見たいくつかの3D映画もそうだったので、そういう技術なのかもしれませんが、アバターのような3Dは期待しない方が良いと思います。作品を見たことはあるが愛着のない人が3Dへの興味本位で見ると、不満が残る可能性ありです。

ただSWファンやこのシリーズを一度も見たことのない人にはおすすめです。EP1はおそらく20回以上見てますが、やはりスクリーンで見るポッドレースは大興奮でした。ダースモールとの戦闘もスクリーンの方が栄えますね。

母子の別れシーンで劇場内にすすり泣く声がしていたので一応「泣ける」評価を。ジャージャーには笑い声も響いていました。

3D化技術の向上に期待します。楽しめた人はEP6までまたしばらくわくわく出来そうです。

ポンデライオン
ポンデライオンさん / 2012年3月19日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3D云々より、やっぱりスター・ウォーズは大スクリーンで見るに限る!

話題の3Dは期待程では無かったが、スター・ウォーズを再び劇場スクリーンで見れた事に興奮・感動!

大迫力のポッド・レースを始め、ドロイドVSグンガン、王座の間を奪取するパドメ率いる突入隊、宇宙でのアナキンたちのドッグファイト、そしてクワイ・ガン&オビ・ワンVSダース・モール…

そこに、ジョン・ウィリアムズによる音楽が映画をさらに彩ってくれる。
(“運命の闘い”はメイン・テーマ、帝国軍のマーチに次ぐ名曲!)

何度も見たけど、やっぱりスター・ウォーズは劇場の大スクリーンで見るに相応しい!
次も見よう!

近大
近大さん / 2012年3月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大きなスクリーンがよく似合う

ファンファーレと、それに続く静寂と水色の文字。何度観てもワクワクする一瞬だ。

このシリーズ、ストーリーは簡潔だが、登場するキャラクターやメカのデザイン、小道具に至るまで念入りに創り込まれ、見せ場の画作りにも妥協がない。その空間の広がりと、ショットに込められた圧倒的な情報量は、大きなスクリーンで観てこそ価値がある。
3D化も興味をそそるが、また映画館で観られたことのほうが嬉しい。

その3D効果だが、派手な演出はなく、むしろナチュラルな奥行きを持つに留まる。
効果的だったのは、CGで描かれたクリーチャーたちだ。とくにタトゥイーンのジャンク屋・ワトーは実在感が増しリアルになった。
また、この作品最大の見せ場であるポッド・レースは、まさしく遊園地のアトラクションの真っ只中にいるような臨場感を体験できる。

ジェダイ二人とダース・モールの戦いも、大きなスクリーンでグルグル回るライトセーバーの光とノイジーなサウンドが堪らない。
この場面で使われるコーラス付きの音楽が大好きだ。13年前の予告篇で初めて耳にしたときから、この曲のファンなのだ。
また、この場面の画像が若干粗かったのが、今回、和らいだような気がする。

グンガン族とドロイド軍が闘う平原の質感もリアルさを増したように見えたのだが気のせいだろうか?

オリジナルの公開時には意味不明だったサブタイトルも、新3部作が繋がった今では《見えざる脅威》が何を指すのかはっきりし、ストーリーの流れもイヤというほど分かっているのだが、それでもまたつい観たくなってしまうのは、観るたびに見過ごしていた何かを発見する楽しみがあるからだ。これこそ「スター・ウォーズ」最大の魅力といえるだろう。

全6作が3D作品として繋がった暁には、
「製作中止を表明していたルーカス、エピソード7~9を3Dカメラで撮影開始!!」
ってなニュースが飛び込んできたらいいな。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2012年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ストーリーが

少し雑のように思えます。

シリーズ最初から見ている人にとっては期待外れです。

3次元も作りが甘いというかプラス300円の価値があるように思えません。

封切に期待したのですが、がっかりしました。

まぁ、好みの問題もありますが、私はあえて勧めません。

akiraパパ
akiraパパさん / 2012年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

22件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi