ガザを飛ぶブタ
ホーム > 作品情報 > 映画「ガザを飛ぶブタ」
メニュー

ガザを飛ぶブタ

解説

パレスチナの貧しい漁師がブタを釣り上げたことから起こる騒動を描いたハートフルコメディ。パレスチナ人の漁師ジャファールは、ある日、漁の網にブタがからまっているのを発見。イスラム教では不浄のものとされているブタを、当局に見つかる前になんとか手放そうと考えるが、なかなか買い手がつかず……。主演は「迷子の警察音楽隊」のサッソン・ガーベイ。2011年・第24回東京国際映画祭で観客賞を受賞した。

スタッフ

監督
エグゼクティブプロデューサー
ジャン・フィリップ・ブリーム
プロデューサー
フランク・ショロ
脚本
シルバン・エスティバル
音楽
アクアラクティカ
ブギー・バラガン
美術
アルブレヒト・コンラート
編集
ダミアン・ケユ

作品データ

原題 Le Cochon de Gaza
製作年 2010年
製作国 フランス・ベルギー合作
上映時間 99分

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi