パナマ運河地帯
ホーム > 作品情報 > 映画「パナマ運河地帯」
メニュー

パナマ運河地帯

解説

1967年のデビュー以降、現代アメリカ社会を独自の視点で見つめ続けてきたドキュメンタリー作家フレデリック・ワイズマン監督が、長年にわたりアメリカの事実上の植民地だったパナマ運河地帯に暮らす人々の社会を描きだしたドキュメンタリー。1977年、ジミー・カーター米大統領は将来的に運河地帯を返還することを決め、米パ両国で運河を共同管理する新運河条約を締結する。2011年、ワイズマン監督作を一挙上映する「フレデリック・ワイズマンのすべて」にて日本初公開。

キャスト

作品データ

原題 Canal Zone
製作年 1977年
製作国 アメリカ
上映時間 174分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「パナマ運河地帯」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi