ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド
ホーム > 作品情報 > 映画「ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」
メニュー

ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

劇場公開日

解説

「ザ・ビートルズ」のギタリストで2001年に58歳の若さで他界したジョージ・ハリスンの人生の軌跡をたどる音楽ドキュメンタリー。監督は「ラスト・ワルツ」「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」など音楽映画の名作を生み出してきたマーティン・スコセッシ。貴重な未公開映像やハリスンを取り巻く人々のインタビューで構成され、ビートルズ時代の名曲やエリック・クラプトン、ボブ・ディラン、ロイ・オービソンらとコラボレーションをはじめ、50曲以上にのぼるハリソンの楽曲が物語を彩る。

作品データ

原題 George Harrison: Living in the Material World
製作年 2011年
製作国 イギリス
配給 角川映画フィルムインク
上映時間 210分
映倫区分 G
備考 ODS
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ジョージ・ハリスンの名曲の数々が濃密な58年間の人生を解き明かす
ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールドの映画評論・批評

監督マーティン・スコセッシと編集技師デビッド・テデスキのコンビ(「ボブ・ディラン:ノー・ディレクション・ホーム」)は、音楽ドキュメンタリーの聴かせどころを骨の髄まで心得ている。オープニングから流れるジョージ・ハリスンのソロアルバム代表...ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールドの映画評論・批評

他のユーザーは「ジョージ・ハリスン リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi